撮影地:南紀すさみ ホテル ベルヴェデーレ ヘリポート(和歌山県周参見町)

つぃ~にできたよ、ごくろうさんヽ(・∀・)ゞ

20180916-17_IC59-63説明

Equatorial mount: Vixen SXP + PFL + SB TEN
Telescope: Sky-Watcher BKP130 OTAW + MPCC3 Coma-Corrector, 650mm
Guiding: Kowa LM100JC + M-GEN Autoguider
DSLR: Canon EOS 6D Mark II SEO-SP4
Light frame: SS=240sec, f5.0, ISO=3200, RAW x37pc
Dark frame: x8pc
Flat/FlatDark frame: x16pc/x16pc
Total SS: 2h28min
File conversion: DNG Converter 10.0.0.827 (CR2⇒DNG)
Dark&Flat application: RStacker ver.0.6.4
Composite: DeepSkyStacker ver.4.1.1
RAW process & Development: StellaImage7 (7.1e)
Photo retouch: Photoshop CS6




2018年9月16~17日 上限期(月齢6.4)


9月に撮影したIC59 & IC63の直焦点画像がやっと出来ました(ノ∀`)
星雲処理ムズかしーよぉ~~っっつД`)
ほんとまだまだです・・・(-_-)
荒れ荒れ画像ですがご勘弁を・・(*゚ー゚)

この日はホテル・ベルヴェデーレさんの観望会や、がま口隊の方々もご一緒で、大変大賑わいのすさみでした^^

本番撮影前、、
輝星でピント合わせ、試写をしていると、、
あれ(・∀・)?
なんか光軸おかしいかな・・(゜o゜)


6月に調整して以来、ほとんどズレている印象がなかったので、
BKP130は光軸ズレにくいんだな~と勝手に安心し切っていたのですが、、、

師匠~~!!つ´Д`)つ これ光軸ズレてますかね??

喫茶TSUBAKIのマスターであり、我が師匠の一人でもあるTSUBAKIさんに助けを求めます(;∀;)

すると、、、

何やこれ!? めちゃズレてるやん!

即座に光軸調整キットが展開され、電光石火のオペが始まります∑(゚∀゚ノ)ノ

・・・と、師匠が主鏡の引きネジに手を掛けた時、、、

既に事件は起こっていました。。。


  ・・・



ネジ1本無いやん。。。(-_-;)

ぇええぇぇえ~~~~∑(゚∀゚ノ)ノ


慌てて、付近を捜索すると、、、


収納箱の中に、ぽつんと転がっていました・・・(・∀・)b

あちゃぁ~~(ノД`)

そりゃ光軸合ってるわけがありません・・・(`-ω-´)
TSUBAKIさん、調整本当にありがとうございました゚゚ヽ(〃∀〃)ノ




さて、応急の光軸調整が完了し、いざ撮影開始です(ノ`・∀・)ノ

今回のターゲット IC59 & 63 の位置はココ↓

20180916-17_IC59-63位置2

カシオペア座の 「」 の中心にあるγ星:ツィーのすぐ傍。
IC59とIC63が仲良く並んでいます( ´∀`)人(´∀` )

※レーザービームはお絵描きです∑(・`ω・ノ)ノ (・・念の為)


それにしても今回は、光軸ズレ、スパイダー捩れ、カメラの角度ズレてる・・・など、機材調整とセッティングに様々な課題あり。。。

加えて画像処理も、激しく迷走。。
基本をきっちり押さえていかないとなぁ・・
という課題に満ちた処理で、とても勇んで見せられる仕上がりではない・・
と思ってます。。(-_-;)

どちらかというと賞味期限が切れる前に何とか売りさばいた感覚。。(-∀-ノ)ノ
それでも何度も処理するうちに少しずつは良くなってきたかなとは思うので、良いお勉強でした(*゚ー゚)

ちなみにこちらが、1回目の処理画像↓

20180916-17_A01_IC59-63_1_20181015042057e97.jpg

赤い星雲がほとんどありません・・
しかもノイズ処理で背景ボコボコ・・∑(・∀・; )
カブリ、周辺減光の補正も甘々・・( ;゚─゚)

2回目の処理画像↓

20180916-17_A01_IC59-63_2_2018101504205730a.jpg

IC63の左側に伸びる赤が少し出てきましたが、、
2時間半露光なら以上炙れる」 とご指摘が・・・∑(゚∀゚ノ)ノ
そして背景荒れもまだまだ目立ちます(。-д-)σ

それから何度かのやり直しを経て、何とか仕上がった画像がこれ↓
最終の処理画像↓

20180916-17_A01_IC59-63_3_20181015042059760.jpg

赤がそこそこ炙れたのと、背景荒れがそこそこ抑えられたので、一応完成(。・∀・。)ホッ-3
でも少しでも拡大すると、ディテール失われてたり、星像おかしかったり、色々見えてしまうので、、
画面から3メートル以内で閲覧禁止です(乂∀・)ダメゼッタイ


・・・


次がんばりまぁ~す・・・っっっつ(∩*゚ー゚)∩




大阪あすとろぐらふぃ~迷人会



テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2018_10_15



撮影地:御杖牧場(奈良)

M27 亜鈴状星雲(Dumbbell Nebula)

20180613-14_A02_2_D2_4_1_1800.jpg

Equatorial mount: KENKO Skymemo S
DSLR: Canon EOS 6D Mark II SEO-SP4
Lens: Canon EF100-400mm/f4.5-5.6L IS USM, 400mm
Light frame: SS=90sec, f5.6, ISO=3200, RAW x16pc
Dark frame: x16pc
Flat frame: x32pc
Flat Dark frame: x32pc
Total SS: 24min
File conversion: DNG Converter 10.0.0.827 (CR2⇒DNG)
Composite: DeepSkyStacker ver.4.1.1
Photo retouch: Photoshop CS5




2018年6月14日(木) 1:54~2:55 新月期(月齢28.6)


この日、GPVが好転し、夕方から迷人会メンバーがざわざわし始めます。

平日ではありますが、梅雨時の貴重な出撃チャンス(; ・`д・´)

最終的に、「みつえ組」、「ほたる組」、「ビール組」 に分かれました( ̄▽ ̄;)

神戸から御杖牧場に向かう道中、ド快晴(゚∀゚)!


20180613-14_IMG_3964.jpg

これは期待できそうです♪

午後8時半頃、現着。

少し雲が流れていましたが、撮影に支障は無さそうです(^^♪

今回の狙いは、
M27 亜鈴状星雲(Dumbbell Nebula)

あれ~ぃ? どこかな~(´ー`)?
と思えるほど小さな対象ですが、宝石のような赤色エメラルドグリーンが綺麗な星雲です(^^♪

対象位置はこの辺、、(↓)


20180613-14_M27位置

夏の大三角の内側、や座こぎつね座の間くらいにぽっかりと浮かんでいます。
すぐ側に コートハンガー もあるので、困った時のお供におひとついかがでしょうか(´ー`)


20180613-14_A02_2_D2_3_1trim.jpg

拡大すると、さすがに色々と粗が目立ってダメダメ画像ですね(ーー゛)
早く新兵器を実戦投入せねば、、、

しかし何より、初めて捕獲できたことが嬉しいので、、
ええのんです(´ー`)ウフフ




さてさて、無事に撮影を開始、、
落ち着き始めたところで、迷人会本部に報告を入れます^^

みつえ晴れてきましたよ~(゚∀゚)


すると、、
本部(ビール組) から、今回出撃出来なかった恨み節を込めて、、

曇ってしまえ~ԅ(¯Д¯ԅ)

と、呪いビーム が送られてきました( ;∀;)

しかも何故か、、「餃子120個」 の画像付き(゚Д゚;)!!


20180613-14_写真 2018-07-11 14 50 47

ぶつけどころのないエネルギーが"餃子"に向けられたようです(^^;


・・・すると、あろうことか、、、

瞬く間にドン曇り( ̄▽ ̄;)OMG...


EOS5D3_2018_06_14_0541.jpg

提督の呪い、、、恐るべし、、(ーー゛;)


しかし、我々 「みつえ組」 も、、
指をくわえて見ているわけにはいきません(; ・`д・´)

すぐさま方針転換して、、、


喫茶TSUBAKI 開店ヽ(´ー`)ノ


20180613-14_写真 2018-07-11 14 52 31

メニューに、新商品 「どら焼き」 も加わって大盛況(´∀`*)☆彡


今回は、撮影の収穫は少な目でしたが、その分、ゆっくりと楽しい座談会が出来たので、とても有意義な出撃になりました。
皆さん、ありがとうございました(^^♪




ところで、、
今回、「ドリズル(Drizzle)」 という画像処理アルゴリズムを使ってみたので、少しだけご紹介^^
既に何年も前からある技術なので、今更と思う方も多いかもしれませんが、調べても結果の比較画像があまり出ていないので、作ってみました^^

アルゴリズムの中身まで理解していないので、偉そうなことは何も言えませんが、ざっくり言うと、、
コンポジットする複数画像のPixelサイズを2倍や3倍に増やし、個々の画像毎にわずかに異なるRGB情報を 「うまいこと処理」 して、細分化された個々のPixelに再配分(中間補間)する、、
という技術です。
 ※この 「うまいこと」 がミソ(・∀・)b

言葉では分かりにくいので、結果を見た方が早いですね^^;
これです (↓)

20180613-14_Drizzle効果比較

全て同じ領域を16枚コンポジットした画像です。
左が、通常のコンポジット結果の等倍拡大画像。
真ん中が、2倍のドリズル処理を加えてコンポジットしたもの。
右は、同様に3倍のドリズルを行ったもの。

ドリズル処理によって、画像サイズが2倍、3倍になっているのが分かります。

しかし、サイズ拡大によって増えた中間ピクセルに割り当てられるRGB情報が、単純拡大や平均化等で得られるような単純な方法で補間されているわけではないことが分かります。

今回のような視直径の小さい星雲や銀河など、アンダーサンプリングになりがちな対象に対しては、拡大してもガタガタにならず、階調表現も適正に補間できるので、有効な方法かな~と思います(*'▽')

ただ、、画像サイズが各段に大きくなるので、、
PCが悲鳴を上げます(*_*;




大阪あすとろぐらふぃ~迷人会



テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2018_07_11



撮影地:しらびそ高原(長野)

北アメリカ星雲(NGC7000), ペリカン星雲(IC5067〜5070)

20180519-20_A04_北アメリカペリカン_7_5trim

Equatorial mount: KENKO Skymemo S
DSLR: Canon EOS 6D Mark II SEO-SP4
Lens: Canon EF100-400mm/f4.5-5.6L IS USM, 400mm
Light frame: SS=90sec, f5.6, ISO=5000, RAW x29pc
Dark frame: x16pc
Flat frame: x32pc
Flat Dark frame: x32pc
Total SS: 44min
File conversion: DNG Converter 10.0.0.827 (CR2⇒DNG)
Composite: DeepSkyStacker ver.4.1.1
Photo retouch: Photoshop CS5




2018年5月20日(日) 02:09~03:10 新月期(月齢3.6)


しらびそ遠征最後のネタです。
(まだ5月のネタかいな(´っ・ω・)っ)

今回はですね、、超メジャー対象の、、、
大阪のおばちゃんに叱られてシュンとなるペリカン(´・ω・`)」
・・こと、通称、「オカペリ」(〃ω〃)

またの名を、「北アメリカ&ペリカン星雲」といいます(; ・`д・´)


ええとですね、、
関西以外ではあまり 「浸透してない」 という噂も耳にしますので、改めて、おさらいしておきましょう(・ω・)ノ

では、画像を見ながら、下の会話に耳を傾けてみてください(´ー`)

~オカペリ劇場~
*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆

オカン:ペリちゃん、晩ご飯なに食べたい?

ペリカン:別に何でもええよ。

オカン:ほんまにも~アンタもお父ちゃんも張り合いないんやから。何でもええゆーんが一番困るんやわ。

ペリカン:ほんなら寿司。

オカン:そんな贅沢なモンお母ちゃん作るわけないやろ! 自分でキュウリ巻いてカッパ食うとき!

ペリカン:・・シュン。。(ノД`)・゜・。

*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆


はい、、
この、「シュン。。」 となった瞬間を描いたのが、
オカペリ星雲」なんですね~(´ー`)

ほら、もう見えますよね( ̄▽ ̄;)




さて、今回使用した画像ですが、、
酷いビヨーン画像省いて42枚中、29枚、、
周辺部分はまだ星像ビヨーンなってますが、、
まあ今回はこのくらいで勘弁しといたるか( ̄▽ ̄;)

ところで、今回の画像をコンポジットした際、変な症状が発生したので書いておきます。

コンポジットソフトは、DeepSkyStacker。
このソフト、画像合成の際、やや複雑な処理シーケンスを組んでいるようです。

各画像からRGB個別の星像を検出し、基準画像に対して星像位置が重なるよう水平位置、回転、歪みを加えた後、加算平均しているような感じです。
(勝手な想像(∩´∀`)∩)

私の場合、いつも星像の検出数を4000〜8000くらいになるような閾値とし、RGBを別々に処理して合成する設定としています。


DSS設定01_説明_1

画像内の星の数にもよりますが、検出数が少なすぎ(2000未満とか)たり、多過ぎ(10000以上)たりすると、星像位置を勘違いしてスタックずれを起こす場合があるので、大体いつもこのくらいで設定。

ところが今回、これが上手くいかず、下のような合成結果となってしまいました。


20180519-20_A04_北アメリカペリカン_5_検出06

部分的にRGBが分離してしまっています。

試しに星像の検出数が数百〜数万となるよう7段階くらいに条件を振ってそれぞれ合成してみたところ、RGBが分離する箇所が変化するだけで、全ての星像がぴったり合わさる条件がありませんでした。

これは困りました( ̄▽ ̄)

RGBがズレるということは、RGBそれぞれの画像で検出する星に違いがあり、異なる星を勘違いして重ねようとして無理な歪みが生じているのかもしれません。
(勝手な想像(∩´∀`)∩)

元々、RGB画像を個別に処理するというのは、オリジナル画像に発生している色収差を補正して星像をより正確に位置合わせする目的と思われます。

であるならば、オリジナル画像の色収差が許容できるレベルならば、RGB個別ではなく、一括で星像の位置合わせが出来れば、合成結果で星像の誤認識によるRGB分離は発生し得ないのではないかと。

そこでスタック設定の、「Align RGB Channels in final image」のチェックボタンをOFFにして合成してみます。


DSS設定02_説明_1

恐らく、このチェックをONにすると、RGBチャンネルを個別に処理して、最後に各チャンネルの星像位置を重ね合わせる処理をしていると思われます。
(勝手な想像(∩´∀`)∩)

ということで、チェックOFFでスタックしてみた結果、、、


20180519-20_A04_北アメリカペリカン_7_検出24

うまくいきました(´ー`)

結論、、

普段はチェックボタンON
→RGBがズレる場合はチェックボタンOFF
カンタン(=゚ω゚)ノ


じゃあ、元画像の段階で色収差が出てる場合は??

・・・またその時に考えましょう(´ー`)




大阪あすとろぐらふぃ~迷人会



テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2018_07_04



撮影地:しらびそ高原(長野)

IC4628 えび星雲(お兄ちゃんの方)

A02_えび星雲_4_trim

Equatorial mount: KENKO Skymemo S
DSLR: Canon EOS 6D Mark II SEO-SP4
Lens: Canon EF100-400mm/f4.5-5.6L IS USM, 400mm
Light frame: SS=90sec, f5.6, ISO=5000, RAW x26pc
Dark frame: x16pc
Flat frame: x32pc
Flat Dark frame: 32pc
Total SS: 39min
File conversion: DNG Converter 10.0.0.827 (CR2⇒DNG)
Composite: DeepSkyStacker ver.4.1.1
Photo retouch: Photoshop CS5




2018年5月19日(土)~20日(日) 新月期(月齢3.6)


IC4628 えび星雲(お兄ちゃんの方)

サソリが元気なこの時期、南方向が開けたしらびそということで、せっかくなので低空の対象を狙ってみました。
前回のエビ(弟)&カニに引き続き、夏の魚介類シリーズです(・ω・)ノ

しかし、、、またしてもここでポカミス(›◡ु‹)テヘペロ

エビの右下、散開星団NGC6231が完全に白飛びしてしまっていることに気付かず、そのまま撮影継続してしまいました(>_<)
RAWデータは飽和はしてへんやろ~(∩´∀`)∩
と、油断していたのが、あんみつのように甘かった。。。(-_-メ)

そして、第二のポカミス(›◡ु‹) (まだあるんか~い(-_-))

撮影開始から1時間半。
画像チェックすると、、、

あれ、、(*'▽')?

 ・・・

あれれ、、、(; ・`д・´)??

 ・・・

繋いだと思っていたレンズヒーターの電源端子がテーブルの上に転がってました(=゚ω゚)ノ

半分無駄になり、さすがに凹み(-"-)

チッ、、誰やねんコード抜いたの(ーー゛))

1000%自分が悪いんですけどね(・∀・)b




で、、エビですが、赤モノとしては最も低空の部類に入ります。

位置はここらへん↓


20180519-20_エビ星雲位置

さそりの尻尾ζ星(見掛けの二重星)の北側にあります。

エビとζ星の間にあるNGC6231との組み合わせが綺麗で、いい構図になるのですが、、

とにかく低い(ーー゛)

しらびそは標高が高く、南が開けているので、天体の聖地と言われるだけあって好条件なのですが、南側低空は薄っすら浜松方面の光害がのってきます。

皆さん、
「年々明るくなってきている」 とおっしゃっており、
「震災直後は一時的に暗くなったんだけどね」
という話も。

これだけ距離があっても影響を受けてしまうことを考えると、低空まで真っ黒で揺らぎも少ない場所って、日本に何か所あるんだろ・・・と思ってしまいます(-"-)


・・・と、、前置きが長くなりましたが、

要するに
「カブリ補正しましたよ」

って言いたかっただけです(・∀・)b

露光時間が少なく、どうなることかと思いましたが、師匠のアドバイスもあり、一応なんとか仕上げることができました(^^)/




☆補足情報☆

コンポジットソフト「DeepSkyStacker」のバージョンをVer.4.1.1に更新しました。
更新に伴い、今まで対応していなかったEOS6D2のデュアルピクセルCR2フォーマットのスタックを試してみたところ、見た目上一応出来るようになりました。
しかし、「正式に対応した」とは宣言されておらず、コンポジット後の画像の端に黒帯が出るため、適正に合成されているかどうかわかりません。。
ということで、従来通り、DNG ConverterにてCR2→DNGに変換しての処理を継続することしました。





テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2018_05_30



撮影地:大塔ヘリポート(奈良)

泡吹きカニラ&えびボクサー(通称:彼岸花&出目金星雲(・ω・)ノ)

20180419-21_B04_10_trim.jpg

Equatorial mount: KENKO Skymemo S
DSLR: Canon EOS 6D Mark II SEO-SP4
Lens: Canon EF100-400mm/f4.5-5.6L IS USM, 400mm
Light frame: SS=120sec, f5.6, ISO=4000, RAW x21pc
Dark frame: x16pc
Flat frame: x32pc
Flat Dark frame: 32pc
Total SS: 42min
File conversion: DNG Converter 10.0.0.827 (CR2⇒DNG)
Composite: DeepSkyStacker ver.3.3.4
Photo retouch1: StellaImage 7
Photo retouch2: Photoshop CS5




2018年4月21日(土) 上弦期(月齢4.0)


泡吹きカニ&えびボクサー(NGC6357彼岸花&NGC6334出目金星雲)

4月新月期の在庫です('ω')ノ

関西のとある珍体ブログの衝撃的なお絵描きを見てしまったがために、もはやカニとエビ以外に見えなくなってしまった「彼岸花&出目金星雲」ですヽ(´ー`)ノ

(※すいません、こたろうさん、あまりにカワイイお絵描き♡だったので、もっと世に広めねばなるまいと敬意を込めてリンクしてしまいました(´ー`))

花と金魚は食べる気しませんが、かにとえびはご馳走ですね(ーー゛)
ちょうど茹で上がったぷりぷり車エビと、泡吹いてる方はタラバかな(∩´∀`)∩

ほれほれぇ~♪ 食べ頃だよぉ~(´∀`*)ウフフ

あっ、ヒコーキ抜き忘れた(・∀・)

いいだよぉ~♪ あれは鍋つつくお箸だぉ~(´∀`*)ウフフ





テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2018_05_23




10  « 2018_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

流星カウンター

流星カウンターII

プロフィール

あーちゃー

Author:あーちゃー
満天の星空を眺めながら飲むコーヒーは最高ですね。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.