撮影地:南紀すさみ ホテル ベルヴェデーレ ヘリポート(和歌山県周参見町)

いっかくじゅう座 反射星雲 NGC2170付近

20190113-14_A01_NGC2170_C_7_3.jpg

Equatorial mount: Vixen SXP + PFL + SB TEN
Telescope: Sky-Watcher BKP130 OTAW + MPCC3 Coma-Corrector
Guiding: Kowa LM100JC + M-GEN Autoguider
DSLR: Canon EOS 6D Mark II SEO-SP4
Focal length: 650mm
Light frame: SS=180sec, f5.0, ISO=3200, RAW x64pc
Flat/FlatDark frame: x16pc/x16pc, Sky-flat
Total Exposure time: 3h12min
Start Time: 2019.1.13 23:04:02 JST~
File conversion: DNG Converter Launcher ver.1.1.2.0 (CR2⇒DNG)
Dark&Flat application: RStacker ver.0.6.4
Stacking: DeepSkyStacker ver.4.1.1
Photo retouch: Photoshop CS6




2019年1月13~14日 上弦期(月齢7.1)


前夜、、
明晩GPV予報真っ黒だなぁ~(*゚ー゚)
出撃菌がうずくザリガニ。。(ヘ´∀`)ヘ

今度は何撮ろうかな・・・ポチポチ(q*゚ー゚)q

すると、何やら見たことのないピンクの花が咲いた作例が目に付きました(*゚∀゚*)!
綺麗なぁ~(〃∀〃)

しかし、、
作例見ると、総露光4時間、6時間、8時間、12時間・・∑(゚д゚; )

・・・そんなに淡いの。。。(-_-;)

・・・と、、
我らが提督 「蒼い○基地局」のおりおんさんの作例もあるではないですか( *゚∀゚)=3

ええと、、、総露光時間は、、、

112分・・・∑(`∀´ノ)ノ短っ!!

に、2時間未満でも頑張れば、、いける、、のか・・・?( ;゚Д゚)ハァハァ

ならば、、おりおんさんよりちょっと多めに撮っておけば・・・( *゚∀゚)=3(←安易な考え)

・・・ということで、調べてみると、、
子午線越え22:40、月没23:30~対象没03:30
ディザリング調整時間等を差し引いても3時間は撮れそうです(*゚ー゚)♪

そうと分かれば、レッツらゴーっっε=ε=(((ヘ´∀`)へ

現地はド快晴、シーイング良し、微風☆(ゝω・)v
歩留まり良く撮影できそうです^^

対象位置はココです↓
対象位置

20190113-14_NGC2170位置

今回は、対象が淡い上に、限られた時間で少しでも効率的に露光する必要があるので、Kissx7より高ISOでのダイナミックレンジ損失が少ない6D2を採用しました(*゚ー゚)b

で、、少し今回の画像処理のお話をします(´・ω・`)ノシ

デジ現等でRAW→TIFFに変換する際、元絵状態では分かりにくいですが、bit数の関係でRAWデータが保持する階調の一部が切り捨てられます。
この切り捨てられた情報の差は、画像を炙るにつれて明瞭になってきます。(下図参照)
淡い星雲や分子雲を炙った時に、濃淡が滑らかでなく段々になる、、いわゆる階調ジャンプが発生している場合、そのレベル付近の階調が不足しているということになります。
デジ現時点で切り捨ててしまった階調データは復活できません。
そのまま炙り続けても「無いデータ」は出て来ないので、ノイズばかり強調して画像が荒れることになります。


デジ現階調圧縮

切り捨てる階調情報は、単にシャドウ側・ハイライト側を切り詰める、というだけではありません。
16bitという有限のデータを、ヒストグラム上の任意のレベルに重み付け配分する、と考えるとわかりやすいかもしれません(・∀・)b

撮影対象によって異なるものの、より炙り出し強調したい部分こそ、階調を豊かにすべき(重み付け配分すべき)部分になる場合が多いと思うので、それを意識してデジ現すると元画像に深みが出るかもしれません(´・ω・`)ノシ


と、ザリガニのくせに偉そうに語りましたが、、、
いつも通りのやり方でデジ現掛けたところ、
あれれ・・? 階調割れた。。。(ヘ;-_-)ヘ

要するに失敗したので、、
上手に重み付けすると階調残せますよ~、という備忘録です(〃∀〃)

では、みなさんご唱和ください(`・ω・´)ゞビシッ

階調残して モクモク快調(・∀・)b!

(ヘ´∀`)へテヘ




大阪あすとろぐらふぃ~迷人会



テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2019_01_21



撮影地:南紀すさみ ホテル ベルヴェデーレ ヘリポート(和歌山県周参見町)

いっかくじゅう座 NGC2264 コーン星雲 & クリスマスツリー星団

20181215-16_A02_コーン1040mm_2_2_2trm

Equatorial mount: Vixen SXP + PFL + SB TEN
Telescope: Sky-Watcher BKP130 OTAW + MPCC3 Coma-Corrector
Guiding: Kowa LM100JC + M-GEN Autoguider
DSLR: Canon EOS Kiss X7 IR modified
Focal length: 650mm (1040mm in 35mm eq.)
Light frame: SS=300sec, f5.0, ISO=1600, RAW x32pc
Dark frame: x16pc
Flat/FlatDark frame: x16pc/x16pc, Sky-flat
Total Exposure time: 2h40min
Start Time: 2018.12.16 02:57:44 JST~
File conversion: DNG Converter Launcher ver.1.1.2.0 (CR2⇒DNG)
Dark&Flat application: RStacker ver.0.6.4
Stacking: DeepSkyStacker ver.4.1.1
Photo retouch: Photoshop CS6




2018年12月16日 上弦(月齢7.8)


みんな大好き、赤いクリスマスツリーヽ(´ー`)ノ

クリスマスはとっくに過ぎちゃいましたが、仕事お疲れサンタにねぎらいツリーを贈ります( *゚∀゚)=3

この領域、星も星雲も煌びやかで本当に綺麗な領域ですよね☆(ゝω・)vキラッ(←ともさんのマネ)

でも、ざりがに的には、今まで3回くらい撮って、全て失敗に終わったトラウマ領域でもあります。。(-"-)

反射望遠鏡を導入して初の冬シーズン到来、、
4度目の正直で挑戦しないわけには参りません(+・`ω・´)キリッ

で、2度あることは~、、3度目の~、、
と、世間では申しますが、4度目ならば何も気にすることはありませんo(`・д・´)o!!

・・・長くなりそうなので、、
要するに何とか無事に撮れたということですヽ(´ー`)ノ


ところで、、、
コーン星雲の「コーン」って、、

こっちのコーンだったんですね。。。( ;・∀・)


20181215-16_コーン○×_1

あたしゃてっきり、とうもろこしの方かと。。。(〃∀〃)


対象位置は、ここです(*゚ー゚)


対象位置

20181215-16_NGC2264位置_1



大阪あすとろぐらふぃ~迷人会



テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2019_01_13



撮影地:南紀すさみ ホテル ベルヴェデーレ ヘリポート(和歌山県周参見町)

いっかくじゅう座 反射星雲 IC447(IC2169) かたつむり星雲

20190103_A01_かたつむり_1_F2_6trm

Equatorial mount: Vixen SXP + PFL + SB TEN
Telescope: Sky-Watcher BKP130 OTAW + MPCC3 Coma-Corrector
Guiding: Kowa LM100JC + M-GEN Autoguider
DSLR: Canon EOS Kiss X7 IR modified
Focal length: 650mm (1040mm in 35mm eq.)
Light frame: SS=240sec, f5.0, ISO=3200, RAW x29pc
Dark frame: x16pc
Flat/FlatDark frame: x16pc/x16pc, Sky-flat
Total Exposure time: 1h56min
Start Time: 2019.01.03 21:20:44 JST~
File conversion: DNG Converter Launcher ver.1.1.2.0 (CR2⇒DNG)
Dark&Flat application: RStacker ver.0.6.4
Stacking: DeepSkyStacker ver.4.1.1
Photo retouch: Photoshop CS6




2019年1月3日 新月期(月齢26.8)


みんな大好き、青いエスカルゴヽ(´ー`)ノ

美味しいパエリヤの具にしてあげました( *゚∀゚)=3

今回も諸先輩方の貴重なアドバイスを賜りながら、せっせと画像処理(*゚ー゚)

クリスマスツリー星団と一緒に構図されることが多いこの領域ですが、せっかくカタツムリに特化して撮影したので、カタツムリの胴殻部分に当るIC2169の星雲構造にも少しこだわってみました^^
M45プレアデスのように、反射雲に輝度差があって綺麗なので、なかなか面白いです^^
あと、両目の間ちょっと下くらいにある茶色系の小さな分子雲もウナギみたいでかわいいです(*゚ー゚)
いつか長焦点GETしたら、ここズームアップしてみようかな(〃∀〃)


この日は朝までド快晴かつ微風だったので、歩留まり良く撮影することが出来ました^^

今回の出撃メンバーは銀次平野さんほっそんさんけ・ばおさんヽ(・∀・)ゞ
そして現地にはこたろうさんともお知り合いのFさん、35cmドブソニアンをご持参して眼視されていた方と愛知からお越しの方とご一緒でした^^

やはりほっそんさんが出撃すると、なぜか空が安定します(゚∀゚)ノ
タイミング良く空が晴れない!と嘆くそこのあなた!!( *゚∀゚)=3
遠征のお供に、「必ず晴れる!ほっそんTシャツ」などお一ついかがでしょうか?(笑)


20190103_ほっそんTシャツ


冗談はさておき^^;
このエスカルゴ、、
胴体と口元、両目のそれぞれに別々のカタログNo.が付けられているんですね。

・・・ので、備忘録ついでに落書きしました( *゚∀゚)=3


かたつむり星雲付近説明図

20190103_IC2169付近説明図_2

ところで、、IC447=IC2169 なのですかね?
ICカタログの1stインデックスと2ndインデックスで重複しているだけなのか、指定範囲が少し違っているのか、イマイチよく分かりません。。。


ちなみに、毎度恒例、、
対象位置は、ここです(*゚ー゚)


対象位置

20190103_IC2169位置_1



大阪あすとろぐらふぃ~迷人会



テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2019_01_09



撮影地:南紀すさみ ホテル ベルヴェデーレ ヘリポート(和歌山県周参見町)

つぃ~にできたよ、ごくろうさんヽ(・∀・)ゞ

20180916-17_IC59-63説明

Equatorial mount: Vixen SXP + PFL + SB TEN
Telescope: Sky-Watcher BKP130 OTAW + MPCC3 Coma-Corrector, 650mm
Guiding: Kowa LM100JC + M-GEN Autoguider
DSLR: Canon EOS 6D Mark II SEO-SP4
Light frame: SS=240sec, f5.0, ISO=3200, RAW x37pc
Dark frame: x8pc
Flat/FlatDark frame: x16pc/x16pc
Total SS: 2h28min
File conversion: DNG Converter 10.0.0.827 (CR2⇒DNG)
Dark&Flat application: RStacker ver.0.6.4
Composite: DeepSkyStacker ver.4.1.1
RAW process & Development: StellaImage7 (7.1e)
Photo retouch: Photoshop CS6




2018年9月16~17日 上限期(月齢6.4)


9月に撮影したIC59 & IC63の直焦点画像がやっと出来ました(ノ∀`)
星雲処理ムズかしーよぉ~~っっつД`)
ほんとまだまだです・・・(-_-)
荒れ荒れ画像ですがご勘弁を・・(*゚ー゚)

この日はホテル・ベルヴェデーレさんの観望会や、がま口隊の方々もご一緒で、大変大賑わいのすさみでした^^

本番撮影前、、
輝星でピント合わせ、試写をしていると、、
あれ(・∀・)?
なんか光軸おかしいかな・・(゜o゜)


6月に調整して以来、ほとんどズレている印象がなかったので、
BKP130は光軸ズレにくいんだな~と勝手に安心し切っていたのですが、、、

師匠~~!!つ´Д`)つ これ光軸ズレてますかね??

喫茶TSUBAKIのマスターであり、我が師匠の一人でもあるTSUBAKIさんに助けを求めます(;∀;)

すると、、、

何やこれ!? めちゃズレてるやん!

即座に光軸調整キットが展開され、電光石火のオペが始まります∑(゚∀゚ノ)ノ

・・・と、師匠が主鏡の引きネジに手を掛けた時、、、

既に事件は起こっていました。。。


  ・・・



ネジ1本無いやん。。。(-_-;)

ぇええぇぇえ~~~~∑(゚∀゚ノ)ノ


慌てて、付近を捜索すると、、、


収納箱の中に、ぽつんと転がっていました・・・(・∀・)b

あちゃぁ~~(ノД`)

そりゃ光軸合ってるわけがありません・・・(`-ω-´)
TSUBAKIさん、調整本当にありがとうございました゚゚ヽ(〃∀〃)ノ




さて、応急の光軸調整が完了し、いざ撮影開始です(ノ`・∀・)ノ

今回のターゲット IC59 & 63 の位置はココ↓

20180916-17_IC59-63位置2

カシオペア座の 「」 の中心にあるγ星:ツィーのすぐ傍。
IC59とIC63が仲良く並んでいます( ´∀`)人(´∀` )

※レーザービームはお絵描きです∑(・`ω・ノ)ノ (・・念の為)


それにしても今回は、光軸ズレ、スパイダー捩れ、カメラの角度ズレてる・・・など、機材調整とセッティングに様々な課題あり。。。

加えて画像処理も、激しく迷走。。
基本をきっちり押さえていかないとなぁ・・
という課題に満ちた処理で、とても勇んで見せられる仕上がりではない・・
と思ってます。。(-_-;)

どちらかというと賞味期限が切れる前に何とか売りさばいた感覚。。(-∀-ノ)ノ
それでも何度も処理するうちに少しずつは良くなってきたかなとは思うので、良いお勉強でした(*゚ー゚)

ちなみにこちらが、1回目の処理画像↓

20180916-17_A01_IC59-63_1_20181015042057e97.jpg

赤い星雲がほとんどありません・・
しかもノイズ処理で背景ボコボコ・・∑(・∀・; )
カブリ、周辺減光の補正も甘々・・( ;゚─゚)

2回目の処理画像↓

20180916-17_A01_IC59-63_2_2018101504205730a.jpg

IC63の左側に伸びる赤が少し出てきましたが、、
2時間半露光なら以上炙れる」 とご指摘が・・・∑(゚∀゚ノ)ノ
そして背景荒れもまだまだ目立ちます(。-д-)σ

それから何度かのやり直しを経て、何とか仕上がった画像がこれ↓
最終の処理画像↓

20180916-17_A01_IC59-63_3_20181015042059760.jpg

赤がそこそこ炙れたのと、背景荒れがそこそこ抑えられたので、一応完成(。・∀・。)ホッ-3
でも少しでも拡大すると、ディテール失われてたり、星像おかしかったり、色々見えてしまうので、、
画面から3メートル以内で閲覧禁止です(乂∀・)ダメゼッタイ


・・・


次がんばりまぁ~す・・・っっっつ(∩*゚ー゚)∩




大阪あすとろぐらふぃ~迷人会



テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2018_10_15



撮影地:御杖牧場(奈良)

M27 亜鈴状星雲(Dumbbell Nebula)

20180613-14_A02_2_D2_4_1_1800.jpg

Equatorial mount: KENKO Skymemo S
DSLR: Canon EOS 6D Mark II SEO-SP4
Lens: Canon EF100-400mm/f4.5-5.6L IS USM, 400mm
Light frame: SS=90sec, f5.6, ISO=3200, RAW x16pc
Dark frame: x16pc
Flat frame: x32pc
Flat Dark frame: x32pc
Total SS: 24min
File conversion: DNG Converter 10.0.0.827 (CR2⇒DNG)
Composite: DeepSkyStacker ver.4.1.1
Photo retouch: Photoshop CS5




2018年6月14日(木) 1:54~2:55 新月期(月齢28.6)


この日、GPVが好転し、夕方から迷人会メンバーがざわざわし始めます。

平日ではありますが、梅雨時の貴重な出撃チャンス(; ・`д・´)

最終的に、「みつえ組」、「ほたる組」、「ビール組」 に分かれました( ̄▽ ̄;)

神戸から御杖牧場に向かう道中、ド快晴(゚∀゚)!


20180613-14_IMG_3964.jpg

これは期待できそうです♪

午後8時半頃、現着。

少し雲が流れていましたが、撮影に支障は無さそうです(^^♪

今回の狙いは、
M27 亜鈴状星雲(Dumbbell Nebula)

あれ~ぃ? どこかな~(´ー`)?
と思えるほど小さな対象ですが、宝石のような赤色エメラルドグリーンが綺麗な星雲です(^^♪

対象位置はこの辺、、(↓)


20180613-14_M27位置

夏の大三角の内側、や座こぎつね座の間くらいにぽっかりと浮かんでいます。
すぐ側に コートハンガー もあるので、困った時のお供におひとついかがでしょうか(´ー`)


20180613-14_A02_2_D2_3_1trim.jpg

拡大すると、さすがに色々と粗が目立ってダメダメ画像ですね(ーー゛)
早く新兵器を実戦投入せねば、、、

しかし何より、初めて捕獲できたことが嬉しいので、、
ええのんです(´ー`)ウフフ




さてさて、無事に撮影を開始、、
落ち着き始めたところで、迷人会本部に報告を入れます^^

みつえ晴れてきましたよ~(゚∀゚)


すると、、
本部(ビール組) から、今回出撃出来なかった恨み節を込めて、、

曇ってしまえ~ԅ(¯Д¯ԅ)

と、呪いビーム が送られてきました( ;∀;)

しかも何故か、、「餃子120個」 の画像付き(゚Д゚;)!!


20180613-14_写真 2018-07-11 14 50 47

ぶつけどころのないエネルギーが"餃子"に向けられたようです(^^;


・・・すると、あろうことか、、、

瞬く間にドン曇り( ̄▽ ̄;)OMG...


EOS5D3_2018_06_14_0541.jpg

提督の呪い、、、恐るべし、、(ーー゛;)


しかし、我々 「みつえ組」 も、、
指をくわえて見ているわけにはいきません(; ・`д・´)

すぐさま方針転換して、、、


喫茶TSUBAKI 開店ヽ(´ー`)ノ


20180613-14_写真 2018-07-11 14 52 31

メニューに、新商品 「どら焼き」 も加わって大盛況(´∀`*)☆彡


今回は、撮影の収穫は少な目でしたが、その分、ゆっくりと楽しい座談会が出来たので、とても有意義な出撃になりました。
皆さん、ありがとうございました(^^♪




ところで、、
今回、「ドリズル(Drizzle)」 という画像処理アルゴリズムを使ってみたので、少しだけご紹介^^
既に何年も前からある技術なので、今更と思う方も多いかもしれませんが、調べても結果の比較画像があまり出ていないので、作ってみました^^

アルゴリズムの中身まで理解していないので、偉そうなことは何も言えませんが、ざっくり言うと、、
コンポジットする複数画像のPixelサイズを2倍や3倍に増やし、個々の画像毎にわずかに異なるRGB情報を 「うまいこと処理」 して、細分化された個々のPixelに再配分(中間補間)する、、
という技術です。
 ※この 「うまいこと」 がミソ(・∀・)b

言葉では分かりにくいので、結果を見た方が早いですね^^;
これです (↓)

20180613-14_Drizzle効果比較

全て同じ領域を16枚コンポジットした画像です。
左が、通常のコンポジット結果の等倍拡大画像。
真ん中が、2倍のドリズル処理を加えてコンポジットしたもの。
右は、同様に3倍のドリズルを行ったもの。

ドリズル処理によって、画像サイズが2倍、3倍になっているのが分かります。

しかし、サイズ拡大によって増えた中間ピクセルに割り当てられるRGB情報が、単純拡大や平均化等で得られるような単純な方法で補間されているわけではないことが分かります。

今回のような視直径の小さい星雲や銀河など、アンダーサンプリングになりがちな対象に対しては、拡大してもガタガタにならず、階調表現も適正に補間できるので、有効な方法かな~と思います(*'▽')

ただ、、画像サイズが各段に大きくなるので、、
PCが悲鳴を上げます(*_*;




大阪あすとろぐらふぃ~迷人会



テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2018_07_11




01  « 2019_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

流星カウンター

流星カウンターII

プロフィール

あーちゃー

Author:あーちゃー
満天の星空を眺めながら飲むコーヒーは最高ですね。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.