昨晩は久々に晴れるかな…?
、、と、星景撮影を期待して、
ロケハンついでに午後から名古屋城付近でスタンばってみたものの、、、

「残念でした!」
(※ネタ切れ警報継続確定。)


というわけで、
ちょうど曇の合間におぼろ月が浮かんだので、
名古屋城のライトアップを入れてHDR合成をしてみました。

(※そもそも星空を狙ってたのに、月の南中に気付いてないとか・・・おい。)

☆名古屋城 朧月夜 【HDR合成】

Canon EOS5D3 + EF24-105mm/F4L, 32mm, RAW
城壁&木々 :SS=1.6sec, f5.6, ISO=1600
夜空 :SS=0.8sec, f5.6, ISO=1600
天守閣 :SS=1/20sec, f5.6, ISO=1600
上記3枚をPhotoshop CS5でHDR合成

HDR 名古屋城 おぼろ月夜

柳の下には…

☆名古屋城 天守と城壁と堀 【HDR合成】
Canon EOS5D3 + EF24-105mm/F4L, 65mm, RAW
城壁&木々 :SS=2.5sec, f5.6, ISO=1600
夜空 :SS=1.0sec, f5.6, ISO=1600
天守屋根 :SS=1/10sec, f5.6, ISO=1600
天守白壁 :SS=1/25sec, f5.6, ISO=1600
上記4枚をPhotoshop CS5でHDR合成

HDR 名古屋城 ライトアップ

☆名古屋城 天守閣 【HDR合成】
Canon EOS5D3 + EF24-105mm/F4L, 105mm, RAW
城壁&木々 :SS=1.6sec, f5.6, ISO=1600
夜空 :SS=1.5sec, f5.6, ISO=1600
天守屋根 :SS=1/10sec, f5.6, ISO=1600
天守白壁 :SS=1/25sec, f5.6, ISO=1600
上記4枚をPhotoshop CS5でHDR合成

HDR 名古屋城 ライトアップ

老朽化の進行により、耐震化が必要となっている名古屋城天守閣。
現在、「耐震改修」 or 「木造復元」 で、検討議論中。

ぜひやってもらいたいものです、木造復元(耐震化Ver.)。
夢があります。
賛成です。
税金払います。
経済が上向き加減の今がチャンス。
ザハ氏Designの2500億円新国立競技場案への猛進より、ずっと現実的で、市民の理解を得易い案かと。

改修延命しても、40年後の耐用年数到達時に名古屋の経済がどんな状況であるかはわからない。
(というか、私が生きているうちにやって欲しいんです!!お願いします!!ちゃんと税金払います!!)

まあ無理に2020東京五輪に間に合わせる必要はないと思うので、2027リニア中央開業くらいを目途に、堅固な城を築いてもらいたいものです。

無茶な納期短縮はろくなことがありません。

どちらにしても、数年以内には、今の名古屋城の姿は見納めになるのかな?
足場やらクレーン付きのお城はちょっと風情が・・・、、ね。
テーマ : 夜景    ジャンル : 写真
 2015_06_28



先週末、南知多ビーチランドへ、

イルカを見に行ってきました(^^)

2015_06_13_0310_1_1.jpg

※初回からブログテーマ完全無視してごめんなさい^^;
次回はきっと『夜空の星』書きます。_(._.)_


――最近、紙面を騒がせていたイルカ入手問題。――

太地町の伝統的な追い込み漁によるイルカの入手方法をめぐって、日本動物園水族館協会(JAZA)が世界動物園水族館協会(WAZA)への残留もしくは脱退の二者択一を迫られ、5月20日に追い込み漁によるイルカ入手断念と引き替えにWAZAへの残留を決定しました。

これにより今後、JAZA加盟水族館等でのイルカの入手方法は、他館から借り受ける or 自前で繁殖させる or 陸に打ち上がった個体の保護、などに限定されることとなり、これまでに比べ、イルカ入手のハードルが格段に高くなってしまったと言えます。


同問題に対する、名古屋港水族館館長の言葉が胸に染み入ります。
******【以下、中日新聞記事抜粋】***********
残留か脱退かは「未定」と答えた名古屋市の名古屋港水族館は、二〇〇一年春にイルカを含む鯨類の飼育を始めた。
一三、一四年に生まれたバンドウイルカと、〇九年に生まれたカマイルカなど計六頭の子どもが順調に育つ。
日登(にっと)弘館長は「生き物を飼う以上は繁殖に努め、生命のつながりの象徴である親子の姿をお見せするのが使命だと思う」と話しており、 繁殖に注力する構えだ。

ただ、全部で十六頭いるバンドウは同館生まれの個体をのぞく十四頭の入手元が太地町で、カマも三頭中一頭が同町からの購入。
「繁殖だって当然、最初のカップルが必要だった。親イルカがどこから来てくれたのかに思いをはせれば、 太地に後足で砂を掛けるような振る舞いや発言はできない」と日登館長。
“外圧”で多くの水族館が選択肢を狭めざるを得ない事態への割り切れぬ思いものぞかせた。
*****************************************



イルカの繁殖には整備された環境と高い技術が必要で、よく知られるバンドウイルカ(=ハンドウイルカ)の場合、生後約10日以内に死亡するケースがとても多く、1年以上の生存率は約3割程度と言われています。

そのような背景の中、ここ『南知多ビーチランド』は、イルカの繁殖成功経験をもつ貴重な水族園の一つであり、名古屋港水族館とともに国内でのイルカ繁殖と水族館産業存続の牽引役としてぜひとも頑張ってほしいですね☆




気持ち良さそうですね。
2015_06_13_0027_1_1.jpg
6月28日までの期間限定イベント 『イルカとシャボン玉のコラボ “ファンタジック・ドルフィン”』
2015_06_13_0119_1_1.jpg

ローラお母さん?
2015_06_13_0097_1_1.jpg

真ん中は南知多ビーチランド生まれのおてんば娘プリンちゃん♀。かな?
お母さんはハンドウイルカのローラ、お父さんはハナゴンドウのネオ。
2015_06_13_0069_1_1.jpg

眠そうだ。
2015_06_13_0153_1_1.jpg

手(?)でボールが持てるカマイルカのマッシュくん♂。
かわいいですね。
2015_06_13_0318_1_1.jpg

こちらは人気アイドルのゴマフアラザラシ。
色目を使ってきます^^;
2015_06_13_0201_1_1.jpg

異種混合イルカチーム“アザーズ”
左から、カマイルカのマッシュ♂、ハナゴンドウのネオ♂、ハンドウイルカのリオス♂。
2015_06_13_0399_1_1.jpg

テーマ : 動物の写真    ジャンル : 写真
 2015_06_17



はじめまして。


今更ながら・・・とは思いつつ、

衝動を抑えられず、

こっそりブログはじめました。



さて、はじめたからには、記事を書かねばなりません。

なので、こっそりと記事を書きます。

  ☆  ☆  ☆  ☆

ブログテーマは、『夜空』。

ということは、、、星空? 天体撮影? 星景写真、、、?

うむむ…。(石巻山山頂)


うむむ…。

同種テーマで、既に多くの大先輩方がいらっしゃることは、、承知。

「一体、何番煎じだよ…。」

と、問い掛ける控え目な自分を尻目に、

「ええから、ええから♪」

ちょっと勝手に記事を書き進める、やや暴走気味な自分がいます。

  ☆  ☆  ☆  ☆

とても気まぐれなので、

たぶん、勝手に盛り上がったり、盛り下がったりします。

あたたかく見守ってあげていただけると、

きっと丈夫な子に育つと思います。

石巻山うさぎ


よろしくどうぞ、

なのです。
 2015_06_14




08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

流星カウンター

流星カウンターII

プロフィール

あーちゃー

Author:あーちゃー
満天の星空を眺めながら飲むコーヒーは最高ですね。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.