撮影地:大塔ヘリポート(奈良)

薄明の天の川を横切る人工衛星キラリ☆彡

20180514-15_人工衛星x天の川

Equatorial mount: N/A
DSLR: Canon EOS 5D Mark III
Lens: SIGMA15mm/f2.8 EX DG Diagonal Fisheye+DIY Soft focus filter, 15mm
Light flame: SS=25sec, f3.2, ISO=5000, RAW x2pc
Dark flame: x1pc, Inside DSLR firmware process
Flat flame: N/A
Total SS: 50sec
RAW converter: CameraRaw 6.7
Composite: SiriusComp 64 Ver.20180116a
 → 前景基準JPG比較明合成x2枚




2018年5月15日(火) 新月期(月齢28.0)


天の川を横切る人工衛星キラリ☆彡

タイムラプスは1カットのみで変化に乏しく、大して見応えありませんが、
明け方の人工衛星が天の川の中でキラーン☆彡と光ったのが、
唯一の見どころです(・∀・)b

とっても地味ですね (´ー`)ふふふ。


火星 「ボクもいるよ~(゚火゚)ノ」

土星 「ボクもいるよ~<(`土´)>」


でも仲良く3機並んで飛んでました💨💨💨
ぶつからないようにねー(´ー`)ノバイバーイ


《天の川タイムラプス》

Recording time: JST 01:35~04:15 UTC+9:00
DSLR: Canon EOS 5D Mark III
Lens: SIGMA15mm/f2.8 EX DG Diagonal Fisheye+DIY Soft focus filter, 15mm
Light flame: SS=25sec, f3.2, ISO=5000, RAW, 15fps
RAW converter: CameraRaw 6.7
Timelapse: SiriusComp 64 Ver.20180116a
Movie edit: Premiere Pro CS5






テーマ : 星景・星野    ジャンル : 写真
 2018_05_25



撮影地:大塔ヘリポート(奈良)

夏の天の川

20180419-21_A02_天の川_1

Equatorial mount: N/A
DSLR: Canon EOS 5D Mark III
Lens: SIGMA15mm/f2.8 EX DG Diagonal Fisheye+DIY Soft focus filter, 15mm
Light flame: SS=25sec, f3.2, ISO=5000, RAW x11pc
Dark flame: x1pc, Inside DSLR firmware process
Flat flame: N/A
Total SS: 275sec
Composite: DeepSkyStacker ver.3.3.4
 → 恒星基準コンポx11枚、前景基準コンポx11枚
Photo retouch: Photoshop CS5




2018年4月19日(木)~21日(土) 上弦(月齢3.0~4.0)


夏の天の川

迷人会の皆様にお誘い頂き、ご一緒させて頂いた初遠征の大塔ヘリポートで撮影した夏の天の川です(`・ω・´)b

最近、タイムラプス撮影が恒例となっていますが、今回は2晩分のデータをまとめてみました。
毎度、縦構図か横構図か迷うところですが、今回は縦横両方撮ってしまったので、さてどうしましょう(゚Д゚;)
別動画にすることも考えましたが、縦構図だけでは尺が足りないので、結局横で統一しました。


《タイムラプス》

Recording time1: JST 02:08~04:40 UTC+9
Recording time2: JST 22:55~03:05 UTC+9
Recording time3: JST 03:09~04:50 UTC+9
DSLR: Canon EOS 5D Mark III
Lens: SIGMA15mm/f2.8 EX DG Diagonal Fisheye+DIY Soft focus filter, 15mm
Light flame: SS=25sec, f3.2, ISO=4000 or 5000, RAW
RAW converter: CameraRaw 6.7
Timelapse: SiriusComp 64 Ver.20180116a


3アングル目が元々縦構図撮影した絵で、横幅合わせるために拡大するので解像度が落ちますが、動画編集でチルトモーション入れて誤魔化した分、これはこれでいつもと違う風味が出ました。

タイムラプスを主で撮影している方がレール駆使する気持ちがよく分かります(/・ω・)/
(※それはそれで沼の香りがするので不用意に近付けませんが(∩´∀`)∩)


夏の天の川 (縦構図)

B06_天の川_1_trim

Equatorial mount: N/A
DSLR: Canon EOS 5D Mark III
Lens: SIGMA15mm/f2.8 EX DG Diagonal Fisheye+DIY Soft focus filter, 15mm
Light flame: SS=25sec, f3.2, ISO=4000, RAW x8pc
Dark flame: x1pc, Inside DSLR firmware process
Flat flame: N/A
Total SS: 200sec
Composite: DeepSkyStacker ver.3.3.4
 → 恒星基準コンポx8枚、前景基準コンポx4枚
Photo retouch: Photoshop CS5


それにしても大塔の南東~南、低空から非常に暗いですね(゚∀゚)!
南側の小山が抜ければ更に最高ですが、南東に高知の街灯りが入るカルストより暗い気がしました。





テーマ : 星景・星野    ジャンル : 写真
 2018_04_28



撮影地:四国カルスト(高知)

バンビ周辺と火星・土星のコラボ

20180324-25_A03_16pc_flat_3.jpg

Equatorial mount: KENKO Skymemo S
DSLR: Canon EOS 6D Mark II SEO-SP4
Lens: Canon EF100-400mm/f4.5-5.6L IS USM, 100mm
Light flame: SS=90sec, f4.5, ISO=4000, RAW x16pc
Dark flame: x12pc
Flat flame: 32pc
Flat Dark flame: 32pc
Total SS: 24min
File conversion: DNG Converter 10.0.0.827 (CR2⇒DNG)
Composite: DeepSkyStacker ver.3.3.4
Photo retouch: Photoshop CS5




2018年3月25日(日) 04:25~04:50 上弦(月齢6.6)


バンビの縄張り

先日の四国遠征時の画像です。

この日の最終カットで、撮り始めが午前4:25だったので、薄明まで約20分^^;
露光時間が短いので存在感の薄いバンビです(笑)

今回は、先週お勉強したフラット補正を取り入れてみたので、今まで処理してきた星野よりはかなりマシになりました。
いや~周辺減光が無いって素晴らしいですね^^;ナニヲイマサラ

この日は暗くて良い天の川だったので、どう切り取るか迷いましたが、結局今が旬の火星と土星に彩られたバンビ君の縄張り一帯を撮ることにしました。

せっかくなので、バンビの縄張り案内図を作ってみました(↓)

バンビ周辺説明図-01

どこか間違っていたら遠慮なく教えてください(´゚д゚`)オイ!





テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2018_04_12



撮影地:四国カルスト(高知)

カルスト五段城 夏の天の川の陣

EOS5D3_2018_03_25_0406.jpg

Equatorial mount: N/A
DSLR: Canon EOS 5D Mark III
Lens: SIGMA15mm/f2.8 EX DG Diagonal Fisheye+DIY Soft focus filter, 15mm
Light flame: SS=25sec, f3.2, ISO=5000, RAW x1pc
Dark flame: x1pc, Inside DSLR firmware process
Flat flame: N/A
Total SS: 25sec
RAW converter: CameraRaw 6.7
Photo retouch: N/A




2018年3月25日(日) 上弦(月齢6.6)


四国カルストへ行って来ました。

24日(土)の夕方に現地入りし、夜半の月没を待つ。

先週の八ヶ岳野辺山では雲が多くて上手く撮れませんでしたが、今回は天気にも恵まれ、ちょうど天の川が昇ってくるタイミングから押さえることが出来ました。

また、極寒の長野での教訓から、今回新たに導入した外部電源(20000mAhリチウムイオン)でカメラ&ヒータを駆動させたので、4時間超えの連続撮影でも余裕でした^^


《タイムラプス》

Recording time: JST 01:08~05:34 UTC+9
DSLR: Canon EOS 5D Mark III
Lens: SIGMA15mm/f2.8 EX DG Diagonal Fisheye+DIY Soft focus filter, 15mm
Light flame: SS=25sec, f3.2, ISO=5000, RAW
RAW converter: CameraRaw 6.7
Timelapse: SiriusComp 64 Ver.20170707c


低空には春の眠たい薄雲が溜まっていたので、暗い四国とはいえさすがに稜線からニョキニョキ出てくる天の川にはなりませんでした^^;

しかし今回は、昇り~薄明までフル撮影出来たので満足です(゚∀゚)





テーマ : 星景・星野    ジャンル : 写真
 2018_03_31



撮影地:八ヶ岳ふれあい公園(長野)

湖畔に昇る夏の天の川

EOS5D3_2018_03_18_0232.jpg

Equatorial mount: N/A
DSLR: Canon EOS 5D Mark III
Lens: SIGMA15mm/f2.8 EX DG Diagonal Fisheye+DIY Soft focus filter, 15mm
Light flame: SS=30sec, f3.2, ISO=4000, RAW x1pc
Dark flame: x1pc, Inside DSLR firmware process
Flat flame: N/A
Total SS: 30sec
RAW converter: CameraRaw 6.7
Photo retouch: N/A




2018年3月18日(日) 新月(月齢29.2)


日中は快晴でしたが、夕刻から雲が湧き出て低い雲中に入り、星が全く見えない状態になってしまいました。

ポイント移動するも状況変わらず、夜半を迎えて諦めかけていたところ、午前1時半頃から雲の切れ目が現れ始めました。

上空の風が強く、凄い勢いで雲が流れていくものの、雲量は大して減らず、まともに1つの対象を狙える状況にはならなかったので、雲の動きと湖畔に昇る夏の天の川を楽しめるタイムラプスで勝負することにしました。


《タイムラプス》


雲の動きが早過ぎたので、もう少し短いインターバルでもよかったかな。
ちょっと忙しい動画で目が疲れます(-ω-)/

中央付近の地上が明るい方向にはスキー場(シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳)があるので、ナイター用の照明が煌々と燈っているのかな。ナイター営業自体はとっくに終わっているはずですが、夜間のゲレンデメンテナンスってとこでしょうか(-_-)
雲への乱反射がとてつもなく強烈です<(`^´)>

南に甲府、西に諏訪、南東に首都圏があるので、さすがに南紀や四国ほどの暗い空は期待していませんでしたが、宇宙観測所のある野辺山と言うには光害のキツイ環境だな~という印象が拭えず。
(電波望遠鏡にはあんまり関係ないのかね^^;)

ただ、一帯が標高1000~1500mの広大な高原地帯で、山や池など、星景を撮るには非常に地上風景に富んだロケーションなので、もっと条件の良い時にまた訪れてみたいですね(^^♪


タイムラプス撮影中の1フレーム(↓)

EOS5D3_2018_03_18_0192.jpg

星景というより、、もはや風景の領域ですが、小屋の後に停車したクルマのヘッドライトが綺麗な光条になっていて面白いので上げてみました。
しかし撮影中はちょうど天の川の邪魔になって、
「おい、早くライト消せよ(゚Д゚;)!!」
って心境でしたけどね(笑)





テーマ : 星景・星野    ジャンル : 写真
 2018_03_21




04  « 2018_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

流星カウンター

流星カウンターII

プロフィール

あーちゃー

Author:あーちゃー
満天の星空を眺めながら飲むコーヒーは最高ですね。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.