☆ペルセウス座流星群2016

A01_01_DSS_01_02.jpg

EOS5D3 + Sigma15mm/f2.8 EX DG Diagonal Fisheye, RAW
SS=15sec, f2.8, ISO=6400 x296枚 比較明合成
(総露出:約1h14min, 実撮影時間:約1h24min)


2016年8月13日(土)撮影


撮影地:石川県輪島市


今回はペルセウス座流星群を撮影する為、能登半島に遠征してきました。

【遠征日記はこちら】

 →<ペルセウス座流星群撮影遠征@石川県輪島>

当初は近場で大台ヶ原か奈良にでも行こうと考えていましたが、流星ピーク時刻(12日22時頃)付近の近畿圏~中部圏のGPV雲量予測が壊滅的だったので、唯一雲の影響を避けられそうな能登半島の先端に行先を急遽変更しました。


今回は赤道議(KENKO SKYMEMO S)を導入しての初撮影。

極軸望遠鏡の光軸調整は事前に済ませておきましたが、北極星導入は現地にて事前テストなしのぶっつけ本番だったので少々難儀しました。
(周り真っ暗で何も見えないし。)

機材はちゃんと事前にテストして使い方マスターしておかないとね。反省。

でも今回は、半月が沈む夜半過ぎまで時間的余裕があったので、助かりました。


かねてから一度流星群のシャワー写真を撮ってみたいと思っていたので、今回挑戦してみました。

輻射点からのシャワーと天の川を構図に入れてみたいと思っていたので、広角レンズを新たに購入。
天体撮影以外の使い道を考えると、広角ズームにしたかったが、流星撮影はレンズの明るさが命なので、明るいズームは重くてデカい為に却下。
今回はSKYMEMO Sの許容搭載荷重(5kg)も考慮して、SIGMAの15mm f2.8 EX DG Diagonal Fisheyeを選定しました。
星景撮影でよく使われているレンズですね。
(コストパフォーマンスも優秀です。)


ちなみに下画像は、冒頭画像に加えて、月が出ている時間帯分も含めて約3時間分(803枚)を合成した画像です。
西方面が月明りで明るくなっていますが流星数は多くなっています。

20160813_A01_A02_02.jpg

EOS5D3 + Sigma15mm/f2.8 EX DG Diagonal Fisheye, RAW
① SS=10sec, f2.8, ISO=5000 x507枚 比較明合成
② SS=15sec, f2.8, ISO=6400 x296枚 比較明合成
①+②比較明合成(Photoshop CS5)
(総露出:約2h38min, 実撮影時間:約2h59min)


しかしながら、レタッチの違いによって印象が全然変わりますよね。
毎度のことながら、どう仕上げるべきか迷います。


こちらはおまけです。
20160813_A03_01_01.jpg

EOS5D3 + Sigma15mm/f2.8 EX DG Diagonal Fisheye, RAW
SS=15sec, f2.8, ISO=6400 x434枚 比較明合成
(総露出:約1h48min, 実撮影時間:約2h02min)


上画像は深夜1:50頃に一度撮影アングルを変えて、天文薄明まで撮影したものですが、明け方の時間帯は予想以上に人工衛星が多くて、流星よりも衛星軌跡の方が目立ってしまいますね。
これはこれで面白いので残しましたが、こういうラッシュの時間帯は合成フレームを選ぶ必要があるので、一括処理では厳しいですね。
また時間のある時にでもやってみましょう。


今回は何かと初要素の多い撮影でしたが、なんとかそれっぽい絵は撮れたので、良しとしましょう。


テーマ : 星景・星野    ジャンル : 写真
 2016_08_14



先日8/12~13未明に観望したペルセウス座流星群。


この日、近畿〜中部圏の天候は壊滅的だったけど、唯一石川県能登半島の先端だけが雲の影響を受けずに済みそうだったので、輪島市まで遠征してみた。


神戸から約6時間。

夕暮れ時マジックアワーに現着。

輪島市での天体撮影は初めてだったので、まずはメジャーポイントとされている曽々木海岸に行ってみる。しかし、海岸のすぐ傍を走る国道249号線の光が少し気になったので、急遽ポイント変更。


ナビと衛星画像を頼りに暗闇の山中に進路を向ける。
ここ半年以上誰も立ち入った形跡がないような管理道路に分け入る。


2016_08_13_1366.jpg

未舗装、倒木、崖崩れ、生い茂った原生林状態の草木でフロントガラスは枝葉で覆い隠され、幅員はおろか車線さえ見失いそうなヒドい道だ。
キーキーと枝が車体を削る音が鳴り続け、クルマは傷だらけ。
ミニバンでこんなとこ入って来る人間他におらんやろな〜と、己の馬鹿さ加減に失笑しつつ、益々戦友への愛着が勝手に深まる。


転落に怯えながら山中を彷徨うこと小一時間、空の開けたポイント発見。


2016_08_13_1353_1.jpg

手探りで機材をセッティングし、半月が沈む夜半過ぎを待って撮影開始。


2016_08_13_0819_1.jpg

今回は夜中雲ひとつ出ず、透明度も高くて上々。

輪島での撮影は初だったけど予想以上に光害が少なくて驚いた。


A01_01_DSS_01_02.jpg

今年は条件が良いこともあって流星はバンバン流れる。写真は0:00〜1:30の合成。左上の放射点から放射状に流れてるのがちゃんとわかる。宇宙を感じるぜ。

今回は赤道儀も導入したのでアングルも自動追尾で超楽チン。


夜食食べて寝転がって夢うつつにウトウト非日常に耽る。


ガサガサ。


暗闇の中、茂みから何かが現れた気配。


フーフー


吐息の音。


クマでないことをひたすら祈る。


勇気を振り絞って探照灯照射。


犯人はイノシシだった。

よかった。
けどウリ坊連れてるし刺激して突進されると面倒なので暫くクルマに雲隠れ。

こんなとこで成仏したら見つかる頃には白骨だしな。


午前3:30、天文薄明。

夜明けと共に山を下る。朝焼けの景色を堪能しながら、ついでに千枚田に寄り道。


2016_08_13_1383_1.jpg

2016_08_13_1384.jpg

2016_08_13_1427.jpg


この後は毎度恒例、旅先の地元空港に寄り道。
能登空港。
第一種空港にはないローカル感がたまらない。


2016_08_13_1448.jpg

2016_08_13_1449.jpg

2016_08_13_1455.jpg

こんなところにもまだ残っていたのね、懐かしのYS-11。


2016_08_13_1446.jpg

R/W07側の着陸進入灯。こういうポイントに近付けるのもローカル空港ならでは良さかな。
いたずらしちゃダメよ。


最後は、併設されたJapan Aviation Academyのヘリと一緒に記念撮影して撤収。


2016_08_13_1441_1.jpg

今回の遠征もなかなか楽しかったな。
お目当ての流星群も撮れたし、満足な遠征旅行でした。


次はどこ行こーかな。




テーマ : 国内旅行    ジャンル : 旅行
 2016_08_14




07  « 2016_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

流星カウンター

流星カウンターII

プロフィール

あーちゃー

Author:あーちゃー
満天の星空を眺めながら飲むコーヒーは最高ですね。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.