【DAY1】
~世界遺産~ 白川郷 荻町合掌集落

2015_09_19_0217-0219_1.jpg

EOS5D3+EF24-105mm/f4L IS USM, 24mm, RAW
SS=15/10/1.6sec, f22, ISO=400 x各1枚
Photoshop CS5 HDR合成+絵画調レタッチ


今回は過去ネタです。


昨年のシルバーウィークに行って来た世界遺産白川郷小松基地航空祭の旅記録を3回に分けてUPします。




【1日目】 2015年9月19日(土)


白川郷 荻町合掌集落


今回の目的は合掌集落と星景写真を撮ること。
ですが、シルバーウィーク中の夜間天気予報は五分五分といったところなので、撮れたらラッキーぐらいの気楽な気持ちでリフレッシュも兼ねて行って来ました。


深夜に名古屋を出発し、東海北陸道を飛ばして午前5時30分頃、白川郷ICを降りる。


夜が明ければ付近が大渋滞することは容易に想像できるので、早朝に現地入りしてまずは合掌集落が見渡せる「荻町城跡展望台」から朝霧の立ち込める静かな朝景色を拝み、合掌。


2015_09_19_0001.jpg

岐阜県大野郡白川村にある荻町合掌集落は、かつては秘境と呼ぶにふさわしく、何時間も山道を走っていかなければ辿り着けず、ようやく辿り着いた先に突然現れる合掌造りの荘厳な集落に毎度感動を覚えた記憶がありますが、現在は高速道路が開通し、観光客数も格段に増えているので、秘境とは程遠い印象に変わってしまったのが少し残念ですね。


2015_09_19_0012.jpg

でも、集落内が整備されて綺麗になっているのは良いです。


2015_09_19_0026.jpg

過疎で消滅してしまうかもしれなかった合掌造りの伝統技術が、世界遺産登録によって維持できているのは喜ばしいことです。


2015_09_19_0037.jpg

今朝は良い具合に朝霧雲がかかりました。


2015_09_19_0050.jpg

納屋も合掌造り。


早朝の合掌集落を拝んで清々しい気分になったところで、眠くなってきたので、集落の北方面2kmぐらいにある道の駅「白川郷」に車を停めて少し眠ることにする。




ちゅんちゅん。
9:30 おはようございます。


さて、よく寝たので、再び活動開始です。
シルバーウィークとあって村営駐車場と付近道路の大渋滞が予想されるので、ここからは機動力を車載自転車に切り替えて行動します。
まずは道の駅内のお店で腹ごしらえ。

2015_09_19_IMG_1845.jpg

山間部ならではの 「熊うどん」。
パワーがみなぎってきた気がします。

天気は上々、クマにエネルギーをもらったので、三脚と撮影機材を背負って集落まで颯爽とサイクリング。
このまま夜まで晴天が続くことを祈りながら、インターから駐車場まで数珠繋ぎとなった観光客の車両の列を横目に走り抜ける。


集落内に入り、自転車を停めたらここからは歩いて回ります。

荻町集落には、主に以下の4つの通りがあり、それぞれ特徴が違います。

 【本通り】:集落の中央を南北に貫通する大通りで、土産物屋や飲食店などが集中。
 【東通り】:白川郷といえばココ!という有名な建物や景色が集中する通り。
 【西通り】:東通りに比べると地味で人通りも少ないですが、お寺もあり厳かな雰囲気。
 【山越通り】:東通りの更に山側の道で、人界と自然界の境界線的な不思議な空間です。

今回は夜の星景撮影場所探しも含めて、東通りをメインに撮影することにしました。


2015_09_19_0068_1.jpg

明善寺庫裡郷土館(手前)と明善寺本堂(後方)


2015_09_19_0072.jpg

スイレン池と和田屋(左後方)


2015_09_19_0069-0071.jpg

明善寺庫裡郷土館。
ここの合掌が一番お気に入りかな~。
気付くといつも撮影枚数が一番多い。


2015_09_19_0073.jpg

さっき城跡展望台から見た納屋。


2015_09_19_0076.jpg

白川郷合掌文化館(旧松井家)


2015_09_19_0078.jpg

すすき。


2015_09_19_0079.jpg

あさがお。


2015_09_19_0080.jpg

和田家。
そういえば、集落内の電柱電線がなくなりましたね。
昔は電線が風景に似合わないな~と感じていた記憶がありましたが、後から調べてみたら、'98~'09年頃に景観美化と合掌造りの火災リスクの観点から国の助勢を勝ち取り、埋設電線化が実現したとのことです。


2015_09_19_0083.jpg

今年は気候のおかげで例年より米の収穫時期が遅れいるそうで、ちょうど黄金の絨毯を見ることが出来ました。


2015_09_19_0084-0086.jpg

食事処「たなか屋」の前で三脚機材を降ろして一服していると、スイスで映画監督をしているという白人男性と付き添いのアシスタント女性から声を掛けられる。

この村がとても気に入りました。是非ともここで映画撮影をしてみたいのだが、誰に許可を取れば良いだろうか?

・・・なぜ私に聞く?
当然知るはずがないので、とりあえず色々世間話した後、営利目的の撮影であれば一度観光協会に問い合わせてみることをお勧めしてみました。


2015_09_19_0107.jpg

パンフレット等で有名な3つ子合掌とコスモス。
手前が囲炉裏カフェ「落人」、左奥が「神田家」、右奥は不明。(一般民家 or 神田家の別棟?)


2015_09_19_0109.jpg

手前から「軽食処ちな」「土産屋 合掌庵」「明善寺庫裡郷土館」「明善寺本堂」。


2015_09_19_0114.jpg

明善寺庫裡郷土館とすすき。


2015_09_19_0119.jpg

明善寺庫裡郷土館。


2015_09_19_0120.jpg

明善寺の鐘楼門。


2015_09_19_0123-0126.jpg

明善寺の鐘楼門。


2015_09_19_0127-0129.jpg

明善寺の南側付近。


2015_09_19_0130_1.jpg

明善寺の裏手、少し寂し気な山越通り。
見えているのは民宿「久松」。


2015_09_19_0138.jpg

明善寺庫裡郷土館。


2015_09_19_0151-0154.jpg

長瀬家。


2015_09_19_0155-0158.jpg

長瀬家。


2015_09_19_0163.jpg

長瀬家。


2015_09_19_0176-0189.jpg

和田家。




午後2時過ぎに一度撮影を切り上げて、集落内で軽く食事を摂る。
そして夕刻の撮影に備えて一度車に戻る。


道の駅まで自転車で戻る途中、こじんまりとしたロッジ風の雰囲気の良いカフェを見つけたので、休憩がてらに寄り道して珈琲とケーキを頂くことに。


完全に写真撮り忘れてましたが、お店は「白川郷 古民家Café アカリヤ」さん。

集落内は混雑するが、少し離れると観光客はほとんど通過するのみ。
店内も空いていたので、店主の親父さんとしばし談話する。

「お互い自営業は大変だね~」って世間話から、世界遺産登録後に観光地化が進み、次第に様相が変化してきた白川村の状況、高速道路の開通と一過性観光客の増加、外国人観光客の急増、恩恵享受不均衡による格差拡大など、地元ならではの切な問題に至るまで色々話を聞かせて頂き、文化存続に関して改めて考えさせられる貴重な時間となりました。

最近よく感じますが、情報化や交通利便性が発達し、世界中に星の数ほどある観光地に容易にアクセス出来る世の中になって来ましたが、単に「行って来た」「見て来た」というコンプ商品のような消費観光の傾向が強くなっている気がします。

初めて出会う光景は確かに新鮮ですが、そこには間違いなく人の営みがあり、歴史があり、長い時間とそうなった理由を伴って育まれてきた文化が存在します。

ガイドブックには載らない小さな理由や政治・利害関係、過去の事件事故など、もちろん全てを知ることはできませんが、単なる観光旅行の中にも、こうした要素に触れる機会を含めることで、その土地・文化にもっと愛着を感じることが出来るので、観光客相手ではない地元の方の生の声を聴ける機会を大切にして行きたいですね。




17:30、夕刻の合掌風景を狙う為、三たび出陣。


2015_09_19_0186.jpg

もう一度城山に登り、今度は城跡展望台の少し東側にある天守閣展望台から撮影。
合掌造り集落にが入り始めました。


2015_09_19_0193.jpg

ライトアップの無い日は、完全に日が暮れると窓灯り以外がほぼ真っ暗に落ちてしまうので、わずかに空の明るさが残る夕暮れ時のほんの短い時間となるマジックアワーが特に美しい景色を魅せてくれます。


2015_09_19_0194.jpg

集落のメインストリート「本通り」。




夜の帳が降りましたが、夕方から雲がたくさん沸き出し、今晩は星空が拝めそうにありません。
それにライトアップも行われていないので、夜間をどう過ごすか思案していました。

そこで、先ほどのカフェ「アカリヤ」の店主さんから、荻町集落の近くにある「合掌造り民家園」が、本日は夜21時まで開園しているとの情報を得ていたので、行ってみることにしました。
※8/29-30に荻町集落で行われた「美濃和紙あかりアート」イベントで使われたあかりアートが、合掌造り民家園にて引き続き9/30まで展示されているとのこと。


せせらぎ公園駐車場に隣接した「合掌造り民家園」


2015_09_19_0196.jpg

贅沢なスペースを使った造りと暖色照明が山里の生活と温かみを感じさせます。


2015_09_19_0198.jpg

縁側に並べられた「和紙あかりアート」。
暖かい灯火が合掌造りの建物によく溶け込んでいます。


2015_09_19_0199.jpg

和紙で作られたとは思えないほど綺麗に精密に作られているものがたくさんありました。


2015_09_19_0202.jpg

豪雪の厳しい生活環境の中で、少しでも季節の楽しみや感動を望んで、人の手によって植えられるちょっとした草花があちこちにあります。こうした草花にもきっと誰かの気持ちが籠っているので、安易に引き抜いたり踏ん付けたりしないようにしましょう。


2015_09_19_0205.jpg

縁側の灯り。


2015_09_19_0208-0210.jpg

ひっそりと佇む合掌造り。


2015_09_19_0211-0214.jpg

庭先に並べられた和紙あかりアート。


2015_09_19_0217-0219.jpg

合掌造りの囲炉裏端。
ちょっと綺麗過ぎる気もしますが、これはこれで良い雰囲気です。


2015_09_19_0220-0221.jpg

閉園時間の21:00を回り、追い出されるように民家園を跡にする。


すっかり夜も更けましたが、相変わらず星空は現れそうにないので、本日の活動はこれにて終了です。
道の駅に戻って、車内を寝室仕様に組み換え、虫の音を聴きながら就寝です。

おやすみなさい☆




テーマ : 国内旅行    ジャンル : 旅行
 2016_11_20



☆兵庫県立大学 西はりま天文台

2016_11_05_0082-0084.jpg

EOS5D3+SIGMA15mm/f2.8 EX DG Diagonal Fisheye+DIY Soft focus filter, 15mm, RAW
SS=30sec, f2.8, ISO=5000 x3枚


2016年11月6日(日)撮影


兵庫県立大学 西はりま天文台へ星空撮影に行って来ました。
初めてのポイントでしたが、広々していて良い場所ですね。
夜間は駐車場出入口が閉鎖され、入出庫が出来なくなりますが、ゲート手前に駐車している方も多く、人は敷地内に入ることが出来ます。


天文台は中国自動車道「佐用IC」から5~6kmの場所にあり、ICを降りてすぐのコンビニで見上げた空は神戸と変わらない程度しか星が見えなかったので、「大丈夫かな~?」と思いましたが、いざ標高436mの大撫山上にある天文台へ駆け上り、車のライトを消すと、見違える程の星空が浮かび上がっていました。


駐車場は明るいので、世界最大の公開望遠鏡「なゆた」が格納される山上の天文台南館付近まで機材を担いで登り、撮影展開。
足元の暗い中、車~撮影場所間を2往復したので、結構息が上がりました。
普段、車両の傍でばかり撮影しているとツケが回ってきますね。


公園内は家族連れやカップルが結構たくさん流星を見に来ており、にぎやかでしたが、公園の端に位置するなゆた付近は静かで、落ち着いて撮影できました。


M31 アンドロメダ星雲

2016_11_05_0054-0072_trm.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF100-400mm/f5.6L, 400mm, RAW
SS=300sec, f5.6, ISO=3200 x4枚
SS=120sec, f5.6, ISO=3200 x4枚
SS=60sec, f5.6, ISO=3200 x4枚
SS=30sec, f5.6, ISO=3200 x4枚
Trimming


22:30頃に現地入りしたのですが、GPV予報通り、時間が経つにつれ北から雲が流れて来ていたので、途中からは広角撮影をやめて望遠撮影に切り替えてみることにしました。
今まで赤道議を持っていなかったので、望遠撮影自体諦めていたのですが、今夏ペルセウス座流星群を撮る為にKENKOスカイメモSを購入したので、ひょっとしたらアンドロメダくらいなら撮れるのでは?と思い、400mmカメラレンズで挑戦してみることにしました。

スカイメモSは許容荷重5kgで、手持ちの機材EOS5D3とEF100-400ズーム+カウンターウェイト+雲台もろもろ合わせると6kg程度となり、やや重量オーバーでしたが、短時間なら行けるやろ~と安易な気持ちで臨んでみたら、何とか一応写りました。


各SSを4枚ずつ撮影して、2~3枚は風などの影響でややブレ。
極軸合わせをきっちりしておいたので、300secで星流れはほとんど目立たない程度でしたが、架台やレンズ固定方法の弱さが露呈しますね。



天の川と沈みゆく白鳥

2016_11_05_0015-0019.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=30sec, f4.0, ISO=5000 x5枚


本当はフォーマルハウト付近を撮ろうと思っていたのですが、南の低空が姫路方面の光害で予想以上に明るかったのと、流れる雲のタイミングがうまく撮影に合わなかったので、そろそろ見納め時期となる直立ミルキーウェイデネブ付近の撮影にしました。



はくちょう座~カシオペア座

2016_11_05_0024-0034.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=30sec, f4.0, ISO=5000 x11枚


こちらも同じく直立天の川とはくちょう座。
少しアングルずらしてカシオペヤまで入れてみました。
アンドロメダ星雲も写っていますね。



秋の四辺形、アンドロメダ座、ペルセウス座

2016_11_05_0041-0048.jpg

2016_11_05_0041-0048_A.png

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=120sec, f4.0, ISO=3200 x8枚


秋の星座も大夫高度が下がってきました。

ぼちぼち明るく輝く冬の星座達が本格的になってきますね。



テーマ : 国内旅行    ジャンル : 旅行
 2016_11_08



撮影地:西はりま天文台(兵庫)

西はりま天文台 “なゆた望遠鏡” と冬のダイヤモンド

2016_11_05_0082-0084.jpg

Equatorial mount: N/A
DSLR: Canon EOS 5D Mark III
Lens: SIGMA15mm/f2.8 EX DG Diagonal Fisheye+DIY Soft focus filter, 15mm
Light frame: SS=30sec, f2.8, ISO=5000, RAW x3pc
Dark frame: x1pc, Inside DSLR firmware process
Flat frame: N/A
Composite: DeepSkyStacker ver.3.3.4
Photo retouch: Photoshop CS5




2016年11月06日(日)


兵庫県立大学 西はりま天文台
公開望遠鏡として世界最大を誇る口径2mの経緯台式望遠鏡「なゆた」
その格納ドームと冬のダイヤモンドを組み合わせてみました。

固定撮影3枚のコンポジット(恒星基準)





テーマ : 星景・星野    ジャンル : 写真
 2016_11_08



撮影地:西はりま天文台(兵庫)

アンドロメダ銀河(M31)

2016_11_05_0054-0072_trm(1).jpg

Equatorial mount: KENKO Skymemo S
DSLR: Canon EOS 5D Mark III
Lens: Canon EF100-400mm/f4.5-5.6L IS USM, 400mm
Light frame1: SS=300sec, f5.6, ISO=3200, RAW x4pc
Light frame2: SS=120sec, f5.6, ISO=3200, RAW x4pc
Light frame3: SS=60sec, f5.6, ISO=3200, RAW x4pc
Light frame4: SS=30sec, f5.6, ISO=3200, RAW x4pc
Dark frame: x1pc each, Inside DSLR firmware process Flat flame: N/A
Composite: DeepSkyStacker ver.3.3.4
Photo retouch: Photoshop CS5
Triming




2016年10月06日(日)


アンドロメダ銀河(M31)

初めて望遠で狙った対象にしては、自分なりに上手くいった気がします。
赤道儀も予想以上に安定していたように思います。
※本当はもっと星が流れてブレブレになるかと思ってました(笑)
300sec流してこれだけ撮れるとは驚きです。
Skymemo S 晴らしいですね(^^♪

上の絵はトリミングしていますが、オリジナルの画角だとこれくらいです(↓)


2016_11_05_0054-0072_trm.jpg




テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2016_11_08



☆大台ケ原 駐車場

2016_10_30_0129.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=30sec, f4.0, ISO=3200 x1枚



2016年10月30日(日)撮影


関西の天体観測聖地 “大台ケ原” へ撮影しに行って来ました。


この日は夕方まで名古屋で用事があったので、東からアクセスすることになったのですが、目的地である大台ケ原駐車場は西側からのアクセスルートしかない為、名古屋方面から行くと結構時間掛かりますね。
(伊勢自動車道「勢和多気IC」→R368→R166→県16→R169経由)
下調べもせずに2時間くらいで行けるかな~なんて勝手に考えていたので、ミスりました。
よく考えれば名阪国道経由で行けばもっと早かったですね。。


さて、日付が変わって30日午前0時頃、現着。
新月期と紅葉シーズンが重なったせいか、深夜の山奥だというのに収容台数約200台の駐車場はほぼ満車。駐車場手前の道路にも路駐の長い列。かろうじて場内に空きスペースを見つけて滑り込む。


来訪者の8割は紅葉やご来光目当て、2割が天体屋といったところか。
すなわち、天体観測マナーなどあったものではない。
エンジン切らない、ライト消さない、ハンディライトの照明色は白。
メジャー観測地なだけに、しらびそ高原に似た雰囲気を想像していたので、おいおいという状況。
普段はもっと静かなんだろうけど、今回はちと残念。
日中からロケハン出来ていれば撮影位置も選べただろうけど、深夜着な上にあまりの混雑具合に車両移動もさせたくないので、車付近で出来るだけヘッドライト直撃を受けない位置に機材設置。


とはいえ、星空の質は極上でした。

北西方面は大阪の光害が結構キツいが、南~東にかけては低緯度でも暗く良い感じだ。
但し今回は位置取りの問題から、低いアングルだとひっきりなしに出入りする車のライトと、観光客が振り回すLEDライトの影響が未知数なので、高めの高度中心に狙いを定める。
一方、天頂付近の抜けは、しらびそにも引けを取らないクリアさを維持。
やはり標高の高さは重要な要素かもしれない。
(※駐車場の標高は1570mぐらいとのこと。)


シリウス~プレアデス星団

2016_10_30_0020-0029.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=30sec, f4.0, ISO=3200 x10枚 加算平均


南東が暗いので、この季節の冬の星座は写りが良いですね。
しかし周辺減光キツいな~。
やはりフラット補正すべきなんですかねぇ。
自分にはまだハードル高いんだよなぁ。。
レンズフード外したら少しはマシになるかしら?



おうし座、ぎょしゃ座、ペルセウス座

2016_10_30_0031-0043.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=30sec, f4.0, ISO=3200 x13枚 加算平均


【星座説明】 おうし座、ぎょしゃ座、ペルセウス座

2016_10_30_0031-0043_A.png

星空を見上げて、星座や恒星名がパッと分かるようになったらもっと楽しいだろうな~と最近思っていて、少し勉強中です。
天球は平面じゃないので、星座早見表だと距離感とか相対方位がイマイチ分かりにくいので、実際に自分の目で見て撮った絵に書き出してみました。
まあ気長にぼちぼち覚えていきましょかね。



冬のダイヤモンド

2016_10_30_0046-0089_2.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=30sec, f4.0, ISO=3200 x44枚 加算平均


実は今まで24mm(フルサイズ)ではダイヤモンドは入り切らないと勝手に思っていたのですが、試しに撮ってみたらちょうど画角いっぱいに収まったので、驚きました。新たな発見です。



オリオン座、おうし座、うさぎ座、エリダヌス川上流

2016_10_30_0095-0107_1.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=30sec, f4.0, ISO=3200 x13枚 加算平均



冬の大三角形、おおいぬ座

2016_10_30_0108-0127.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=30sec, f4.0, ISO=3200 x20枚 加算平均



登り始めた低緯度の北斗七星

2016_10_30_0130.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=30sec, f4.0, ISO=3200 x1枚


午前4時頃、北東の低緯度に北斗七星が登り始めました。
景色を入れて撮影すると頻繁にライトに照らされて常にこんな感じでした。
これよりアングルを下げると駐車車両が入り込みます。


もうすぐ天文薄明です。


今回は撮影後半頃から、隣で撮影していた方と仲良くなったので、色々とお話をさせて頂きました。
大阪から来た方で、自分と同じく大台ケ原は今回初遠征とのこと。
天体撮影歴が似ていたので、結構話が盛り上がりました。
またどこかでお会いしたときはよろしくお願いします。


さて、今日はご来光目当ての観光客が多そうで、夜明けと共に帰路の山道が混雑しそうなので、早めに撤収することにしました。


秋の朝焼け

2016_10_30_0148.jpg

薄明と共に撤収作業を開始し、混雑する前に撤収。
下山途中で朝焼けが美しかったので、クルマを停めてパチリ。
秋のススキが季節感を感じさせますね。
(※山上の夜は既に相当寒いですけど。)


夜明けと共に山を下る。

2016_10_30_0159.jpg

この時間帯はご来光目当ての朝出発組観光客の駆け込みラッシュになるようで、結構な台数の車両が上がっていきました。


今回は本当に何かと騒がしい天体観測でしたね。
深夜の山上はお祭り騒ぎのようで、ちょっと異様な光景でしたが、晴天率が低いと言われる大台ケ原で、一晩中ほぼ雲に邪魔されることもなく撮影できたので、満足できました。


次回は日中に到着して、しっかりと下見した上で撮影に挑みたいですね。



テーマ : 星景・星野    ジャンル : 写真
 2016_11_06




10  « 2016_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

流星カウンター

流星カウンターII

プロフィール

あーちゃー

Author:あーちゃー
満天の星空を眺めながら飲むコーヒーは最高ですね。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.