検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

天体写真 ブログ村

ぽち → ザリガニが喜びます(ヘ´∀`)ヘ
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

大阪あすとろぐらふぃ~迷人会

迷人会工房

ドラゴンレーダー

独自の主観で全国の星屋さんを分析!
前代未聞のレーダーチャート(〃∀〃)



【星雲】M42 オリオン大星雲 (と、画像処理)


撮影地:大塔ヘリポート(奈良県五條市)

皆さま、こんにちはヽ(・∀・)ノ
先日の2連夜出撃、第1夜目の第2対象です^^


M42 オリオン大星雲
M42 Orion Nebula ーEmission Nebulaー

20191031-1102_A02_3B_1.jpg

Equatorial mount: Vixen SXP + PFL + SB TEN
Telescope: Sky-Watcher BKP130 OTAW + MPCC3 Coma-Corrector
Guiding: Kowa LM100JC + M-GEN Autoguider, Dither Guide
DSLR: Canon EOS 6D Mark II SEO-SP4
Focal length: 650mm
Light frame1: SS=210sec, f5.0, ISO=3200, RAW x33pc
Light frame2: SS=15sec, f5.0, ISO=3200, RAW x11pc
Light frame3: SS=1sec, f5.0, ISO=3200, RAW x11pc
Dark frame: x16pc
Flat/FlatDark frame: x33pc/x33pc, Sky-flat
Total Exposure time: 1h58min
Start Time: 2019.11.1 00:23:23 JST~
File conversion: DNG Converter Launcher ver.1.1.2.0 (CR2⇒DNG)
Dark&Flat application: RStacker ver.0.6.4
Stacking: DeepSkyStacker ver.4.2.2
RAW conversion: Camera RAW 9.1.1
Photo retouch: Photoshop CS6


皿集めせんのか~い(。-∀-)ノww




2019年10月31~11月1日 新月期(月齢3.5)


ついに撮ってしまいました。。
全天No.1のド・メジャー対象・・・!!!

今まで、恐れ多くて露骨に避けて通っていたのですが、、、
いえ本当は、、エラーがバレにくいマイナー対象でごまかそうと・・・(。-∀-)ノ

今シーズンは “絶賛メジャー対象キャンペーン中” につき、
M42を撮らずして越冬することは許されません(・∀・)b
ザリガニ、ピーンチっ!!(((ヘ;゜д゚;)))ヘ

そして始まった画像処理、、、
数多ある作例の基本レベルが高いだけあって、全然思うように仕上がりません。。

なかなかしっくり来ず、今回はホント何度もやり直しました・・・
淡々じゃないし楽勝楽勝~♪
・・・なんて甘く考えていた自分が恥ずかしいです・・(。-∀-)ノ

そして幾度かのやり直しと修正を経て出来上がった一つ前の処理画像がこちらでした↓

20191031-1102_A02_2E_5.jpg

画像サイズが小さいと誤魔化しが効いて一見それなりにも見えますが、、

妙に構造が溶けてます。。階調の連続性が失われているように見えますね。
と、まーちゃるさんから鋭いご指摘をいただきましたm(__)m

アドバイスをいただきつつ、エラー原因を探っていくと、、、
前処理工程で、けっこう致命的な原因を発見してしまいました。。(。-∀-)ノ

実は、、
PSに渡す前の元絵作りで、階調データを損失させてしまっていたんです(。-∀-)ノoz

以下、DeepSkyStacker(DSS)で画像コンポジットしている方以外には関係のない話なので、読み飛ばしてもらっても結構です^^

*********************************

撮影データにも書いていますが、ザリガニはDSSユーザです。

DSSは、位置合せ、コンポジット処理が優秀なので、好んで使っているのですが、
コンポ完了画像のファイル保存方法に留意点がありました。

DSSのコンポ完了時の画面は↓のようになります。

20191031-1102_DSS_output.jpg

RGBバランスや輝度トーンカーブを調整するコマンドがあり、
ここでの設定が、保存する画像に適用されるようになっています。

設定が決まったら、左欄にある 「Save picture to file...」 を押します。
すると、↓のような画像保存のポップアップ画面が出てきます。

20191031-1102_DSS_filesave.jpg

デフォルトで↑のような設定になっています。

 ・保存先とファイル名
 ・ファイル形式(TIFF、FITS)
 ・圧縮方法(非圧縮、ZIP、LZW)
 ・オプション設定


を決めて 「Save」 を押すとファイル保存されます。

自分は、非圧縮 16bit TIFF、オプション設定はデフォルトのままで保存していましたが、
階調劣化の原因ここにありました。

既にご存知のDSSユーザの方も多いかもわかりませんが、、
ここでの 「オプション設定(Options)」 が明暗を分けていました^^;

結論から言うと、、
後者の “Embed adjustments in the...” の方を選ぶ必要がありました。

20191031-1102_DSS_filesave_1.jpg

具体的に内容説明すると、

・“Apply adjustments to the saved image”
  →前画面でのRGB・輝度・彩度設定を適用し、デジタル現像画像として保存する

・“Embed adjustments in the saved image but do not apply them”
  →前画面での設定を適用せず、デジタル現像の画像として保存する

もうお分かりかと思いますが、、
前者は、設定を適用するがために、DSSの内部処理でデジ現されてしまうのです。

英文説明にそこまで記載されていない点と、どちらを選んでも出力ファイルサイズがほとんど変わらない点から、実際のデータ損失はほとんどないのでは? と勝手に思っていたのですが、今回比較検証してみたところ、明らかな差が生じていました。

では実際に画像で見てみましょう。
まずは、「オプション設定」の “前者”“後者” でそれぞれ保存したTIFF画像を、何も処理せずに画像ビューアでそのまま開いた状態での比較です↓

20191031-1102_DSS_output比較_1

一見すると、後者の画像は暗くて高コントラスト、白飛び部分も何だか色が変なので、
前者の画像の方が良さそうに見えてしまいます。

しかし!
そこが落とし穴なのです(。-∀-)ノ

後者の画像の雰囲気・・・
どこかで見覚えがありませんでしょうか?

そう、ステライメージのデジ現前のFITSファイルと同じ雰囲気です(*゚ー゚)!

ここで初めて勘付いたザリガニは、早速この後者TIFF画像をCamera RAWで読み込んでみました。
※DSS出力保存時にFITS形式を選べばステライメージでも読めます、たぶん。

そしてデジタル現像してみると、、、


20191031-1102_DSS_outputデジ現前後比較_1

あ~ら不思議っ!!!

素敵な画像が浮いてきたではありませんかっ!( *゚∀゚)=3



それでは、このデジ現した画像と、先のDSSで前者保存した画像の違いを比較してみましょう(ヘ´∀`)ヘ

結果は、、、


20191031-1102_DSS_outputデジ現後比較_1

DSS後者保存画像をCamera RAWでデジ現した画像の圧勝でした(*゚ー゚)!
前者画像では淡い部分が明らかに階調ジャンプしてしまっているのに対して、
後者画像ではまだまだ階調に余裕があります。

このまま画像を炙っていくと両者にどんな違いが出てくるか・・・
想像に難くない・・ですよねぇ・・・(。-∀-)ノ

*********************************

というわけで、、
後者の保存方法を採用して仕上げた画像が記事トップの画像です^^;

前者と後者をそれぞれ仕上げた画像の拡大比較すると、、、

20191031-1102_改善前後比較

炙り調子は若干違うものの、差は歴然ですよね・・(。-∀-)ノ
前者の方も自分では結構頑張ったつもりだったんですが、、
階調浅い画像データでは、いくら頑張っても良質な元絵には敵いません。。(-_-)


今回は、そういうことがよく分かった事件でした(。-∀-)ノ(笑)
今まで処理してきた画像、実は全部・・・(;∀;)






対象位置

20191031-1102_M42位置

今回の位置説明、、いらない子ですよね(。-∀-)ノww
ただ載せたいだけです。。





大阪あすとろぐらふぃ~迷人会


関連記事

テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2019_11_23

Comments

 

おはようございますザリガニ君(`・ω・´)ゞ
ああああああああ・・・ワシこれ知っとっただけに「言ってなかったかね?」って只今ほんの少しだけ反省していますm(__)m
ちなみに私はDSSで処理ル場合はFits吐き出しさせてSIに持ち込んでいます(・∀・)
暗部からガス・ガスからガス「えらい飛んでるなあ・・・」とは言いましたが、そこはほれ!知ってるやってる前提で・・・・(笑)
豊かな階調に生まれ変わったOrionM42ヽ(´ー`)ノ
ここまでモクモクしているのに、やっぱ星が主役とわかる表現(・∀・)b
流石に水生生物⇦なんのこっちゃ(笑)
ああ、今回は1100円いりません(笑)
こたろう  URL   2019-11-23 11:11  

 

これは見事なオリオン大星雲ですね!
これだけ強調していても全く無理を感じないです。しかも鏡筒はBKP130ですか。
光条もきれいですね。うちのBKPじゃこんなに長い光条はでません。
お見事!
最近DSSは使わなくなりましたが、こんな違いがあるなんで知りませんでした。(^^;)
ゴットハンド  URL   2019-11-23 16:54  

 

>将軍、こんばんはっ(`・ω・´)ゞビシッ

はい、、なんともお粗末な結末、、、
まさに灯台下暗し。。でした(。-∀-)ノ(笑)
でも、ここで解決策を発見できたので良かったです^^
これからしばらく新月期に曇っても、「過去画像の再処理」という別の楽しみができました(。-∀-)ノ(笑)
階調が上がったので、星表現も気分快調です(笑)
「ほんの少しの反省」いらないので、1100円ください( ´∀`)人(´∀` )(笑)
あーちゃー  URL   2019-11-23 19:01  

 

>ゴットハンドさん、こんばんはっ!!

コメントありがとうございます!m(__)m
DSS、このカラクリ(?)がホント分かりにくいです^^;
ゆえに、「出力結果がイマイチ・・」と、
別の処理ソフトに流れてしまった星屋さん結構多そうですね^^;
BKP130、安価なのに十分性能秘めた鏡筒だと思います^^
光条の鋭さはスパイダーマスクの幅と十字の直線精度によるところが大きいですよね^^
自分はアクリル材をレーザーカットした3mm幅のマスクを使っていますよ~^^
あーちゃー  URL   2019-11-23 19:25  

 

あーちゃーさん、こんばんは。
オリオン大星雲素晴らしい写りで暗部から明部まで階調も解像度もとても13cmとは思えない写りですね。やはり暗い空で撮影することの素晴らしさを痛感しました。

DSSは使っていないので分かりませんが、階調を失った元画像をどれだけ頑張っても駄目ですね。最初の処理ほど慎重になるべきと教えられました。

のんた  URL   2019-11-23 21:40  

 

>のんたさん、こんばんはっ!!

ホント元画像の大切さ痛感しました。。^^;
今まで勿体無いことをしていました。。^^;
しかし、M42やはり難しいですね・・
多段露光も今回初めてまともに合成したので、そこも難しさを感じました^^
のんたさんの暗い空遠征撮影も楽しみです^^
AXDの持ち運びで腰いわさないよう気を付けてください(笑)
あーちゃー  URL   2019-11-23 22:09  

 

はじめまして、nabeといいます。

見事なオリオン大星雲ですね!日の丸構図ではなく、少し南にあるNGC1999も写されていてお見事です。同じ筒を使っているとは思えません・・・。

DSSの階調割れは自分も長いこと悩まされてきました。最近になってようやく記事にあるような設定にたどり着けたのですが、ちょっと分かりにくいですよね。しかも気づいたのはDSSに見切りをつけてSI8を導入したあと・・・(笑)。

これからも素敵な作品楽しみにしています。
nabe  URL   2019-11-23 22:45  

 

>nabeさん、はじめまして!!^^

コメントありがとうございますm(__)m
いつも皆さんのブログコメント欄でもお見かけしております(笑)

構図そうなんです!
BKP130とフルサイズの組合せだと少し周囲が寂しくなるので、
NGC1999と、ポコチ〇…いえ、、人差し指みたいなガスを脇役に入れてみることにしました^^

nabeさんもDSSの落とし穴お気付きになられてましたか!(笑)
本当にショックを受けました・・^^;
と同時にすごくテンションが上がりました(笑)
SI8に移行されたんですね^^
自分はSI7で対応RAWの更新が止まった時に8導入悩みましたが、結局DSSで押し通してしまいました^^;(笑)

こちらこそ今後ともよろしくお願いしますm(__)m
あーちゃー  URL   2019-11-24 01:19  

 

あーちゃーさんおはようございます。
ではまた。
夕焼け熊五郎  URL   2019-11-24 07:40  

 

>熊五郎さん、おはようございますっ!!

いつも深いコメントありがとうございますっ!!!
本当に仰る通りです(`・ω・´)ゞビシッ
小学校の先生にはよく、「行間を読まんか~い!」って叱られました(笑)
了解ですヽ(・∀・)ゞ
もう少しちゃんとザリガニらしくします(ヘ´∀`)ヘ
あーちゃー  URL   2019-11-24 08:32  

 

こんにちは。
オリオン大星雲とその周辺の仲間達、モクモクの表現のみならず、あーちゃーさん流の星表現が美しいですね^^
何処の誰かさんは、一生懸命モクモクさせて、星がお座なりになっていた様な(^◇^;)
また気づきを頂きました〜♪
タカsi  URL   2019-11-24 09:42  

 

おはようございまーす(^^)/

オリオン大星雲(゚∀゚)キタコレ!!
これは、間違いなくマーベラスタマランチ会長デスッ!!(*´Д`)
滑らかな分子雲の広がりに星雲の色どり、そして主役は私よ!と言わんばかりの輝く星々にハチベエひぃひぃとはゆーておりませんが(ォィ(-ω-)/
そんでもって、またこのニクイ構図。あーちゃーさんのポテンシャルに恐れをなしてます|ω・`))))ブルブル
しかし、僕もそろそろこのメジャーを一本釣りしようと思っているので色々と参考にさせていただきたいと思います┏○))ペコ
ハチベエ  URL   2019-11-24 11:07  

 

こんにちは~
画像処理のいろはの「い」の意味も理解できていない自分が見ても、凄いことしてるってことだけは分かります(笑)。
完成画像のひとつ前の画像もすごいと思いましたが、見比べてみると「コントラストを利かせすぎてカリカリした印象」って素人目には・・・。
迷人会の皆さんの画像はみんな凄いわ!
悠々遊  URL   2019-11-24 11:33  

 

>タカsiさん、こんばんはっ!!

M42、星雲か星かはたまた分子雲か、、何を主体にするかでタカsiさんも含めて皆さん本当に表現が変わってくるので、これほど色々な作風がある対象は他にないなぁ~と、処理していてつくづく感じました(〃∀〃)
今回の自分のは、色・輝度共にM42本体をちょっとコテコテにし過ぎたかな~と、やや欧米化疑惑がありますが、やはり星は犠牲にできず、マスク作りにちょっと手を焼きました。。^^;
にしても、明るい星雲内部は身が詰まっていて荒れにくいので処理しやすいですね^^
モノクロ冷却の人気高い理由がよく分かりましたよ~(*゚ー゚)!
あーちゃー  URL   2019-11-24 17:04  

 

>ハチベエさん、こんばんはっ!!

「マーベラスTRC会長」あざーーす!!(ノ゚∀゚)ノ
そうです! 今回のはハチベエさんをひぃひぃ言わせるために・・・
って、ゆーてへんのか~い!!!ヾ(-ε-; )(笑)
構図ホント迷いましたよ~・・
ポコチ〇だけは絶対に外せないけど、でもあれを中央に寄せすぎるとM42本体が見切れて意図がバレてしまうし・・・(。-∀-)ノ
さりげなく配置させることに一番気を遣いましたよww
ハチベエさんもついに一本釣りしますかっ!!(σ゚∀゚)σ
どんどんいっちゃいましょう!!
変態画像処理強化月間中のハチベエさんならきっとイキのいい大物釣れますよ~!!( ´∀`)人(´∀` )
あーちゃー  URL   2019-11-24 17:04  

 

>悠々遊さん、こんばんはっ!!

そうなんです!^^
画像が小さいとやはりゴマかしが効いてしまうので、パッと見は派手だったりコントラストの強い画像が綺麗に見えてしまうことが多いんですよね・・^^;
でもやはり拡大してちゃんと見ると、エラーのある画像は誰にでもすぐ分かってしまいますし、ベテランの方々には一瞬で見抜かれてしまいます∑(`∀´ノ)ノ(笑)
あーちゃー  URL   2019-11-24 17:06  

 

こんばんは(^∇^*)ノ ワンカルビで かれこれ1時間は待ってるおりおんです。
ついにオリオンに手を出してしまいましたかっ!あ~ぁ…やっちまったなっ!(笑)
って、ほんとオリオンって、超難しくないですかっ?!
私なんて撮る度に「もう撮るのやめよう…」と、後悔してますよ(´°ω°)
でもやっぱ仕上がったときのゴージャス感は、他にないですよね!
いろいろと苦心されたようですけど、その甲斐あっての「Theオリオン」流石の表現力に脱帽!クルリンパっ!です。
おりおん  URL   2019-11-24 20:08  

 

>ワンカルビでかれこれ1時間は待ってるおりおんさん、こんばんは(ノ゚∀゚)ノ

ついに撮っちゃいました~(笑)
で、仰る通り、「もう撮るのやめよう。。。」と、、同じルーティーンを辿っております(。-∀-)ノ(笑)
ホント難しいです。。^^;
多段合成ひとつとっても、のっぺりさせないためにどの階調レベルの輝度立てるべきか・・とか、すごく迷います^^;
おりおんさんの前で、手抜きのM42なんて出せません。。(。-∀-)ノ
あーちゃー  URL   2019-11-24 21:39  

 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

あーちゃー

Author:あーちゃー
満天の星空を眺めながら飲むコーヒーは最高ですね。

流星カウンター

カレンダー

07  « 2020/08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

天体写真 ブログ村

ぽち → ザリガニが喜びます(ヘ´∀`)ヘ
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

大阪あすとろぐらふぃ~迷人会

迷人会工房

ドラゴンレーダー

独自の主観で全国の星屋さんを分析!
前代未聞のレーダーチャート(〃∀〃)




PAGE
TOP.