検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

天体写真 ブログ村

ぽち → ザリガニが喜びます(ヘ´∀`)ヘ
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

大阪あすとろぐらふぃ~迷人会

迷人会工房

ドラゴンレーダー

独自の主観で全国の星屋さんを分析!
前代未聞のレーダーチャート(〃∀〃)



【星撮遠征】大台ケ原 初遠征


☆大台ケ原 駐車場

2016_10_30_0129.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=30sec, f4.0, ISO=3200 x1枚



2016年10月30日(日)撮影


関西の天体観測聖地 “大台ケ原” へ撮影しに行って来ました。


この日は夕方まで名古屋で用事があったので、東からアクセスすることになったのですが、目的地である大台ケ原駐車場は西側からのアクセスルートしかない為、名古屋方面から行くと結構時間掛かりますね。
(伊勢自動車道「勢和多気IC」→R368→R166→県16→R169経由)
下調べもせずに2時間くらいで行けるかな~なんて勝手に考えていたので、ミスりました。
よく考えれば名阪国道経由で行けばもっと早かったですね。。


さて、日付が変わって30日午前0時頃、現着。
新月期と紅葉シーズンが重なったせいか、深夜の山奥だというのに収容台数約200台の駐車場はほぼ満車。駐車場手前の道路にも路駐の長い列。かろうじて場内に空きスペースを見つけて滑り込む。


来訪者の8割は紅葉やご来光目当て、2割が天体屋といったところか。
すなわち、天体観測マナーなどあったものではない。
エンジン切らない、ライト消さない、ハンディライトの照明色は白。
メジャー観測地なだけに、しらびそ高原に似た雰囲気を想像していたので、おいおいという状況。
普段はもっと静かなんだろうけど、今回はちと残念。
日中からロケハン出来ていれば撮影位置も選べただろうけど、深夜着な上にあまりの混雑具合に車両移動もさせたくないので、車付近で出来るだけヘッドライト直撃を受けない位置に機材設置。


とはいえ、星空の質は極上でした。

北西方面は大阪の光害が結構キツいが、南~東にかけては低緯度でも暗く良い感じだ。
但し今回は位置取りの問題から、低いアングルだとひっきりなしに出入りする車のライトと、観光客が振り回すLEDライトの影響が未知数なので、高めの高度中心に狙いを定める。
一方、天頂付近の抜けは、しらびそにも引けを取らないクリアさを維持。
やはり標高の高さは重要な要素かもしれない。
(※駐車場の標高は1570mぐらいとのこと。)


シリウス~プレアデス星団

2016_10_30_0020-0029.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=30sec, f4.0, ISO=3200 x10枚 加算平均


南東が暗いので、この季節の冬の星座は写りが良いですね。
しかし周辺減光キツいな~。
やはりフラット補正すべきなんですかねぇ。
自分にはまだハードル高いんだよなぁ。。
レンズフード外したら少しはマシになるかしら?



おうし座、ぎょしゃ座、ペルセウス座

2016_10_30_0031-0043.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=30sec, f4.0, ISO=3200 x13枚 加算平均


【星座説明】 おうし座、ぎょしゃ座、ペルセウス座

2016_10_30_0031-0043_A.png

星空を見上げて、星座や恒星名がパッと分かるようになったらもっと楽しいだろうな~と最近思っていて、少し勉強中です。
天球は平面じゃないので、星座早見表だと距離感とか相対方位がイマイチ分かりにくいので、実際に自分の目で見て撮った絵に書き出してみました。
まあ気長にぼちぼち覚えていきましょかね。



冬のダイヤモンド

2016_10_30_0046-0089_2.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=30sec, f4.0, ISO=3200 x44枚 加算平均


実は今まで24mm(フルサイズ)ではダイヤモンドは入り切らないと勝手に思っていたのですが、試しに撮ってみたらちょうど画角いっぱいに収まったので、驚きました。新たな発見です。



オリオン座、おうし座、うさぎ座、エリダヌス川上流

2016_10_30_0095-0107_1.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=30sec, f4.0, ISO=3200 x13枚 加算平均



冬の大三角形、おおいぬ座

2016_10_30_0108-0127.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=30sec, f4.0, ISO=3200 x20枚 加算平均



登り始めた低緯度の北斗七星

2016_10_30_0130.jpg

KENKO Skymemo S
EOS5D3+EF24-105mm/f4L+Pro Soften-A, 24mm, RAW
SS=30sec, f4.0, ISO=3200 x1枚


午前4時頃、北東の低緯度に北斗七星が登り始めました。
景色を入れて撮影すると頻繁にライトに照らされて常にこんな感じでした。
これよりアングルを下げると駐車車両が入り込みます。


もうすぐ天文薄明です。


今回は撮影後半頃から、隣で撮影していた方と仲良くなったので、色々とお話をさせて頂きました。
大阪から来た方で、自分と同じく大台ケ原は今回初遠征とのこと。
天体撮影歴が似ていたので、結構話が盛り上がりました。
またどこかでお会いしたときはよろしくお願いします。


さて、今日はご来光目当ての観光客が多そうで、夜明けと共に帰路の山道が混雑しそうなので、早めに撤収することにしました。


秋の朝焼け

2016_10_30_0148.jpg

薄明と共に撤収作業を開始し、混雑する前に撤収。
下山途中で朝焼けが美しかったので、クルマを停めてパチリ。
秋のススキが季節感を感じさせますね。
(※山上の夜は既に相当寒いですけど。)


夜明けと共に山を下る。

2016_10_30_0159.jpg

この時間帯はご来光目当ての朝出発組観光客の駆け込みラッシュになるようで、結構な台数の車両が上がっていきました。


今回は本当に何かと騒がしい天体観測でしたね。
深夜の山上はお祭り騒ぎのようで、ちょっと異様な光景でしたが、晴天率が低いと言われる大台ケ原で、一晩中ほぼ雲に邪魔されることもなく撮影できたので、満足できました。


次回は日中に到着して、しっかりと下見した上で撮影に挑みたいですね。


関連記事

テーマ : 星景・星野    ジャンル : 写真
 2016_11_06

Comments


 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

あーちゃー

Author:あーちゃー
満天の星空を眺めながら飲むコーヒーは最高ですね。

流星カウンター

カレンダー

08  « 2019/09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

天体写真 ブログ村

ぽち → ザリガニが喜びます(ヘ´∀`)ヘ
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村

大阪あすとろぐらふぃ~迷人会

迷人会工房

ドラゴンレーダー

独自の主観で全国の星屋さんを分析!
前代未聞のレーダーチャート(〃∀〃)




PAGE
TOP.