撮影地:しらびそ高原(長野)

北アメリカ星雲(NGC7000), ペリカン星雲(IC5067〜5070)

20180519-20_A04_北アメリカペリカン_7_5trim

Equatorial mount: KENKO Skymemo S
DSLR: Canon EOS 6D Mark II SEO-SP4
Lens: Canon EF100-400mm/f4.5-5.6L IS USM, 400mm
Light frame: SS=90sec, f5.6, ISO=5000, RAW x29pc
Dark frame: x16pc
Flat frame: x32pc
Flat Dark frame: x32pc
Total SS: 44min
File conversion: DNG Converter 10.0.0.827 (CR2⇒DNG)
Composite: DeepSkyStacker ver.4.1.1
Photo retouch: Photoshop CS5




2018年5月20日(日) 02:09~03:10 新月期(月齢3.6)


しらびそ遠征最後のネタです。
(まだ5月のネタかいな(´っ・ω・)っ)

今回はですね、、超メジャー対象の、、、
大阪のおばちゃんに叱られてシュンとなるペリカン(´・ω・`)」
・・こと、通称、「オカペリ」(〃ω〃)

またの名を、「北アメリカ&ペリカン星雲」といいます(; ・`д・´)


ええとですね、、
関西以外ではあまり 「浸透してない」 という噂も耳にしますので、改めて、おさらいしておきましょう(・ω・)ノ

では、画像を見ながら、下の会話に耳を傾けてみてください(´ー`)

~オカペリ劇場~
*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆

オカン:ペリちゃん、晩ご飯なに食べたい?

ペリカン:別に何でもええよ。

オカン:ほんまにも~アンタもお父ちゃんも張り合いないんやから。何でもええゆーんが一番困るんやわ。

ペリカン:ほんなら寿司。

オカン:そんな贅沢なモンお母ちゃん作るわけないやろ! 自分でキュウリ巻いてカッパ食うとき!

ペリカン:・・シュン。。(ノД`)・゜・。

*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆*:..。o○☆


はい、、
この、「シュン。。」 となった瞬間を描いたのが、
オカペリ星雲」なんですね~(´ー`)

ほら、もう見えますよね( ̄▽ ̄;)




さて、今回使用した画像ですが、、
酷いビヨーン画像省いて42枚中、29枚、、
周辺部分はまだ星像ビヨーンなってますが、、
まあ今回はこのくらいで勘弁しといたるか( ̄▽ ̄;)

ところで、今回の画像をコンポジットした際、変な症状が発生したので書いておきます。

コンポジットソフトは、DeepSkyStacker。
このソフト、画像合成の際、やや複雑な処理シーケンスを組んでいるようです。

各画像からRGB個別の星像を検出し、基準画像に対して星像位置が重なるよう水平位置、回転、歪みを加えた後、加算平均しているような感じです。
(勝手な想像(∩´∀`)∩)

私の場合、いつも星像の検出数を4000〜8000くらいになるような閾値とし、RGBを別々に処理して合成する設定としています。


DSS設定01_説明_1

画像内の星の数にもよりますが、検出数が少なすぎ(2000未満とか)たり、多過ぎ(10000以上)たりすると、星像位置を勘違いしてスタックずれを起こす場合があるので、大体いつもこのくらいで設定。

ところが今回、これが上手くいかず、下のような合成結果となってしまいました。


20180519-20_A04_北アメリカペリカン_5_検出06

部分的にRGBが分離してしまっています。

試しに星像の検出数が数百〜数万となるよう7段階くらいに条件を振ってそれぞれ合成してみたところ、RGBが分離する箇所が変化するだけで、全ての星像がぴったり合わさる条件がありませんでした。

これは困りました( ̄▽ ̄)

RGBがズレるということは、RGBそれぞれの画像で検出する星に違いがあり、異なる星を勘違いして重ねようとして無理な歪みが生じているのかもしれません。
(勝手な想像(∩´∀`)∩)

元々、RGB画像を個別に処理するというのは、オリジナル画像に発生している色収差を補正して星像をより正確に位置合わせする目的と思われます。

であるならば、オリジナル画像の色収差が許容できるレベルならば、RGB個別ではなく、一括で星像の位置合わせが出来れば、合成結果で星像の誤認識によるRGB分離は発生し得ないのではないかと。

そこでスタック設定の、「Align RGB Channels in final image」のチェックボタンをOFFにして合成してみます。


DSS設定02_説明_1

恐らく、このチェックをONにすると、RGBチャンネルを個別に処理して、最後に各チャンネルの星像位置を重ね合わせる処理をしていると思われます。
(勝手な想像(∩´∀`)∩)

ということで、チェックOFFでスタックしてみた結果、、、


20180519-20_A04_北アメリカペリカン_7_検出24

うまくいきました(´ー`)

結論、、

普段はチェックボタンON
→RGBがズレる場合はチェックボタンOFF
カンタン(=゚ω゚)ノ


じゃあ、元画像の段階で色収差が出てる場合は??

・・・またその時に考えましょう(´ー`)




大阪あすとろぐらふぃ~迷人会



テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2018_07_04



撮影地:しらびそ高原(長野)

NGC5139 ω星団

20180519-20_A01_オメガ星団4_4_trim1800

Equatorial mount: KENKO Skymemo S
DSLR: Canon EOS 6D Mark II SEO-SP4
Lens: Canon EF100-400mm/f4.5-5.6L IS USM, 400mm
Light frame: SS=90sec, f5.6, ISO=1600, RAW x10pc
Dark frame: x16pc
Flat frame: x32pc
Flat Dark frame: x32pc
Total SS: 15min
File conversion: DNG Converter 10.0.0.827 (CR2⇒DNG)
Composite: DeepSkyStacker ver.4.1.1
Photo retouch: SI7 & Photoshop CS5




2018年5月19日(土) 21:15~22:17 新月期(月齢3.6)


今回しらびそまで来たからには、どうしても撮りたかった対象です(^^♪

全天一の視直径を誇る最大級の球状星団、、

NGC5139 オメガ星団☆彡

この日の月没は22時半頃。
薄明直後に出て、23時前には隠れてしまうので、第一撮影対象として月没を待たずに狙い撃ちます。

お隣のSさんも同じく狙っていたので、2基の主砲がほぼ水平迎角でスタンバイします(; ・`д・´)

ちなみにターゲットの位置はこの辺り、、(↓)


20180519-20_ω星団位置_1

低空にはわずかに雲が残っていて、まだ視認できません<(`^´)>

・・・どきどき(〃ω〃)

そして時刻が21時を回った頃、、、

観測中の双眼鏡の視野内に、わずかにぼぉ~と輝く光の集団を視認(゚∀゚)!!

オメーか!!(=゚ω゚)ノ

すんまへーん^^;、、お約束(´っ・ω・)っ

いざ、、

400mm主砲、、砲撃開始ーー!!(=゚ω゚)ノ

約1時間の連続射撃(; ・`д・´)/ウテ--!!

結果は、、、

90秒×40枚撮って、使える画像、、10枚。。( ̄▽ ̄;)

ずいぶん雲に邪魔され。。(-"-)
わずか15分しか露光できひんかった。。(ノД`)・゜・。

普段は半分くらいは使えるのにな~。。

でも仕方ないので、これで処理します(´ー`)

しかし、この子、、、
本当に照れ屋さんですね(*ノωノ)
低すぎて困ります(-"-)

でも、全天最大級というだけあって、超低高度ながら肉眼でもハッキリ(゚∀゚)
双眼鏡で見るとその姿、、圧巻です(´ー`)

で、、

まずはそのままコンポジット、、
SI7で低空カブリだけ補正して、
あとはPsで鼻歌歌いながらいつも通りの画像処理(´_ゝ`)♪

すると、、、


20180519-20_A01_オメガ星団2

背景ムラだらけ、、( ̄▽ ̄;)OMG

これは、アカン・・・(-"-)

さすがに次々流れてくる薄雲カブリ画像だらけだったので、通常処理ではいかんとも。。

仕方ないので、ムラ消し処理をゴニョゴニョ。
何度もやり直しつつゴニョゴニョ。
三日三晩、ゴニョゴニョ。

迷人会メンバーのアドバイスも受けて、ようやく仕上がったのがトップの画像です(*´▽`*)

結局、背景ムラ、完全には取り切れませんでしたが、全部除去したら、低空の雲さんに悪いかなぁ(´ー`)と思って、
敢えて残したんです(´∀`*)ウフフ

・・・と言い訳してみる。

あとは、星団の色ですが、、
本来はもっと白色の球状星団なのかな~と思うのですが、超低空での撮影なので、無理に白くするよりも、夕焼け効果で少し赤っぽさが残っている方が、日本で撮った感があってよいかなと思い、R寄りのバランスのままとしました。


以上、中々姿を見せない 「おめーがオメガ星団?」・・・でした(/・ω・)/




大阪あすとろぐらふぃ~迷人会



テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2018_07_01



梅雨時の機材増強


こんにちは(^^)/
どんより曇り空と降り続く雨、、梅雨真っ只中、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

「梅雨を制する者こそ、天文を制す」
と、かのヒッパルコスも言ったそうです。

はい、大ウソです( ̄▽ ̄)
ギリシャに梅雨はありませんね(´ー`)




さて、なにやら、楽しげなダンボール箱があります(∩´∀`)∩

いったい何でしょうか、、 (・∀・)?


20180619_IMG_3970.jpg

実は、一昨日、「協栄産業さん 大阪店」 へ行って来たんですね☆彡

迷人会のTSUBAKIさん、787bさんに付き添って頂き、初訪店しました(^^)/
お忙しい中、本当にありがとうございましたm(__)m

普段はマウスをガタガタ震わせながら、指に力を入れてポチリヌスなんですが、今回は大物ですし、天文界での人脈や交流を深める意味でもお店で購入させて頂きました(゚∀゚)

KYOEI大阪店さんの前で1枚パシャリ・・・ドキドキ(; ・`д・´)

20180619_kyoei_1_trim.jpg

で、、何を買ったのかというとですね、、

ででんっ!


20180619_IMG_3992.jpg

SXP赤道儀 です(´ー`)

今まで、我が家にはスカイメモS君だけだったので、いきなり大きなお兄ちゃんが来たような感じです(´ー`)
とても頼り甲斐のありそうな兄ちゃんです(・∀・)b

それとですね、、、

付属品も色々買いましたよ(^^♪

今回買い揃えたのは、これです。


・赤道儀・・・Vixen SXP

・極軸望遠鏡・・・KYOEIオリジナル

・三脚架台・・・SXG-HAL130

・自動導入・・・STAR BOOK TEN

・オートガイド・・・M-GEN 100GSS

・電源・・・SG3500 12V20Ah

・ケーブル類・・・予備含む


それと、、
スカイメモS君の架台強化用として、こちらもお買い上げ♪


・ユニテック 極軸微動ユニット

・ユニテック 2WAY 傾斜ウェッジ


スカイメモS架台強化-01

お店で、
「あれも付けて~(≧◇≦)、これも欲しい~(゚∀゚)」
と、あ~だこ~だお話しながら、最終的にACアダプタとかもオマケしていただきました~(*´▽`*)

さすが、KYOEI大阪さんです(=゚ω゚)ノ


20180619_IMG_3988.jpg

我が家のザリガニ君も大喜びです(´ー`)

今までは、ポタ赤とカメラレンズのみで撮影してきたので、これからは本格赤道儀にオートガイド、、鏡筒は反射を載せる予定なので、初めてだらけで慣れるまでに時間がかかりそうですが、このワクワク感は何ともたまりません(゚∀゚)!

さあ、この梅雨の間に少しでも使い方覚えて、ワンランク上の天文ライフにレッツらゴ~(^^)/~~

「梅雨を制する者こそ・・・」

も、ええですか(笑)





テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2018_06_21



撮影地:しらびそ高原(長野)

M101 回転花火銀河

20180519-20_A03_M101回転花火銀河_1KappaSigma_1_ノイズ処理

Equatorial mount: KENKO Skymemo S
DSLR: Canon EOS 6D Mark II SEO-SP4
Lens: Canon EF100-400mm/f4.5-5.6L IS USM, 400mm
Light frame: SS=90sec, f5.6, ISO=5000, RAW x17pc
Dark frame: x16pc
Flat frame: x32pc
Flat Dark frame: x32pc
Total SS: 26min
File conversion: DNG Converter 10.0.0.827 (CR2⇒DNG)
Composite: DeepSkyStacker ver.4.1.1
Photo retouch: Photoshop CS5




しばらく更新できていませんでしたが、5月新月期遠征の画像です。


2018年5月20日(日) 1:24~1:58 新月期(月齢3.6)


M101 回転花火銀河

相変わらず、ポタ赤で無謀な銀河撮影です(∩´∀`)∩

前回撮ったM104ソンブレロは、小さくて見応えに欠けたので、今回はもう少し大きい銀河にしよう(´ー`)ということで、M101回転花火にしました。

対象位置はここらへんです↓

20180519-20_M101回転花火銀河位置_1

20180519-20_M101回転花火銀河位置_2

北斗七星の尻尾「アルカイド」を挟んでM51子持ち銀河と反対側らへんですね(´_ゝ`)

今回はしらびそ高原まで来たということもあり、あれこれ対象を欲張ってしまったので、1対象あたりの露光時間をケチり過ぎてしまいました^^;
これに関しては90秒×17枚→総露光時間26分(-"-;)

淡い部分出すのにふつうは数時間掛けるヒトが多いのに、何考えてるんだか・・(゚∀゚)

はい、何も考えてません(∩´∀`)∩

炙り出すと、案の定ザラザラになりました(-_-)

カラーノイズ、輝度ノイズともに一応処理は施しましたが、圧倒的に露光時間が足りてないと思われ・・・(-_-メ)

それと、もうひとつ気になる点が。。

M101の東側に謎の光が写りました(´゚д゚`)


20180519-20_A03_M101回転花火銀河_1KappaSigma_1_ノイズ処理_trim2_迷光

こんなところに何か星雲あるのかな~?と思い、星図や他のヒトの作例を調べてみましたが、こんなものは存在しない。。。

たぶん迷光でしょうけど、周囲に街灯など無いし、全フレームに写っているので、車のライトでもない、、、

しかし他の対象を撮ったフレームには写っていないので、やっぱりちょうど絶妙な角度で迷光が入り込んだのかな・・・
まさか木星かΣ(゚Д゚)

もしくは、UFOのじぇっと噴射痕でしょう(´ー`)




さて、次は直感でわかる銀河等倍比較です(*'▽')


20180519-20_M51&M101比較-01

結構大きいですね~(^^♪

でも赤のプチプチはうまく出せませんでした(・∀・)





テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2018_06_16



撮影地:しらびそ高原(長野)

IC4628 えび星雲(お兄ちゃんの方)

A02_えび星雲_4_trim

Equatorial mount: KENKO Skymemo S
DSLR: Canon EOS 6D Mark II SEO-SP4
Lens: Canon EF100-400mm/f4.5-5.6L IS USM, 400mm
Light frame: SS=90sec, f5.6, ISO=5000, RAW x26pc
Dark frame: x16pc
Flat frame: x32pc
Flat Dark frame: 32pc
Total SS: 39min
File conversion: DNG Converter 10.0.0.827 (CR2⇒DNG)
Composite: DeepSkyStacker ver.4.1.1
Photo retouch: Photoshop CS5




2018年5月19日(土)~20日(日) 新月期(月齢3.6)


IC4628 えび星雲(お兄ちゃんの方)

サソリが元気なこの時期、南方向が開けたしらびそということで、せっかくなので低空の対象を狙ってみました。
前回のエビ(弟)&カニに引き続き、夏の魚介類シリーズです(・ω・)ノ

しかし、、、またしてもここでポカミス(›◡ु‹)テヘペロ

エビの右下、散開星団NGC6231が完全に白飛びしてしまっていることに気付かず、そのまま撮影継続してしまいました(>_<)
RAWデータは飽和はしてへんやろ~(∩´∀`)∩
と、油断していたのが、あんみつのように甘かった。。。(-_-メ)

そして、第二のポカミス(›◡ु‹) (まだあるんか~い(-_-))

撮影開始から1時間半。
画像チェックすると、、、

あれ、、(*'▽')?

 ・・・

あれれ、、、(; ・`д・´)??

 ・・・

繋いだと思っていたレンズヒーターの電源端子がテーブルの上に転がってました(=゚ω゚)ノ

半分無駄になり、さすがに凹み(-"-)

チッ、、誰やねんコード抜いたの(ーー゛))

1000%自分が悪いんですけどね(・∀・)b




で、、エビですが、赤モノとしては最も低空の部類に入ります。

位置はここらへん↓


20180519-20_エビ星雲位置

さそりの尻尾ζ星(見掛けの二重星)の北側にあります。

エビとζ星の間にあるNGC6231との組み合わせが綺麗で、いい構図になるのですが、、

とにかく低い(ーー゛)

しらびそは標高が高く、南が開けているので、天体の聖地と言われるだけあって好条件なのですが、南側低空は薄っすら浜松方面の光害がのってきます。

皆さん、
「年々明るくなってきている」 とおっしゃっており、
「震災直後は一時的に暗くなったんだけどね」
という話も。

これだけ距離があっても影響を受けてしまうことを考えると、低空まで真っ黒で揺らぎも少ない場所って、日本に何か所あるんだろ・・・と思ってしまいます(-"-)


・・・と、、前置きが長くなりましたが、

要するに
「カブリ補正しましたよ」

って言いたかっただけです(・∀・)b

露光時間が少なく、どうなることかと思いましたが、師匠のアドバイスもあり、一応なんとか仕上げることができました(^^)/




☆補足情報☆

コンポジットソフト「DeepSkyStacker」のバージョンをVer.4.1.1に更新しました。
更新に伴い、今まで対応していなかったEOS6D2のデュアルピクセルCR2フォーマットのスタックを試してみたところ、見た目上一応出来るようになりました。
しかし、「正式に対応した」とは宣言されておらず、コンポジット後の画像の端に黒帯が出るため、適正に合成されているかどうかわかりません。。
ということで、従来通り、DNG ConverterにてCR2→DNGに変換しての処理を継続することしました。





テーマ : 天体写真    ジャンル : 写真
 2018_05_30




08  « 2018_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

流星カウンター

流星カウンターII

プロフィール

あーちゃー

Author:あーちゃー
満天の星空を眺めながら飲むコーヒーは最高ですね。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




PAGE
TOP.